国家資格難易度ランキングと主要資格

こちらでは、業種別で主要な国家資格や、難易度順の国家資格ランキングも紹介しています。

国家資格はその名の通り国によって認められた資格のことを指します。民間資格と比べ、価値の高い資格ばかりで資格の取得が必須の職業も多々あります。国家資格はどれも重宝される資格ばかりなので興味や意欲があったら是非狙ってみてくださいね。

 民間資格一覧はこちら

 

 


国家資格 難易度ランキング

順位 資格の名称 カテゴリ 難易度
1位 司法試験 公務員・法律系 超難関
2位 公認会計士 企業・経営系 超難関
3位 司法書士 公務員・法律系 超難関
4位 税理士 企業・経営系 超難関
5位 司法試験予備試験 公務員・法律系 超難関
6位 弁理士 公務員・法律系 超難関
7位 医師 医療・福祉・リハビリ系 超難関
8位 不動産鑑定士 企業・経営系 超難関
9位 無線従事者試験 総合無線通信士1級 機械・電気・電子系 超難関
10位 ITストラテジスト試験 コンピューター・パソコン系 超難関

難易度の高い上位10個の国家資格です。難しいと名高い司法試験や医師免許などの資格が上位を占めています。TOP10以下のランキングも気になる方はぜひ国家資格の難易度ランキングも参考にしてみて下さい。

資格・教育 ヒューマンアカデミー

 

 

医療・介護系の主な国家資格

 医療、介護系の資格一覧はこちら

医療、介護系の国家資格や仕事には医者や薬剤師、介護士などがあります。これらの仕事には高い専門性が望まれるため、国家資格の取得が必須となっています。資格を取得するまでに時間やお金がかかりますが、資格さえあれば職に困ることが無い点がメリットです。これら以外にも、はり師や指圧師などがあります。

↓本ページで紹介中の医療、介護系の国家資格一覧です。

看護師

看護師 ナース 資格

病院などの医療機関などで患者の毎日のケアや医師による医療行為の補助、サポートを行う看護師は厚生労働省が所管の国家資格です。
以前から根強い人気がありましたが、近年はより需要が伸びています。
5年制の看護科のある高校に入学するか、専門学校、大学で学んだ後、国家試験を受験します。
一度資格を持つと、転職に困らない資格の一つです。

資料請求はこちら

 看護師の資格情報はこちら

歯科医師

歯科医師は厚生労働省が管轄の国家資格です。
受験資格は一般的に、歯学部などに6年間学習し卒業することで受験資格を得ることができます。
独立開業しやすいことでコンビニよりも多い院数があり、現在は供給過多の状態になっております。

資料請求はこちら

 歯科医師の資格情報はこちら

医師

医師資格は厚生労働省が管轄する国家資格です。
受験するには、一般的に大学の医学部医学科で6年間学習した後、受験することが出来る超難関資格です。
高齢化が進む現代では医師不足が叫ばれており、今後の活躍が期待される資格でもあります。

資料請求はこちら

 医師の資格情報はこちら

衛生管理者

衛生管理者の試験は全国7つの安全衛生技術センターで年に何度も実施されています。
受験資格が定められており誰でも受けられるわけではありません。衛生管理者の仕事は職場や事業所での衛生的な管理を行い、環境的要因による病気や感染症防止に努めます。
管理職以上になるにあたって必要とされることも多い資格であり事務職に携わる人が兼任している場合も多い為持っていれば役に立つでしょう。

資料請求はこちら

 衛生管理者の資格情報はこちら

救急救命士

救命救急士とは救急車に乗り、患者を観察し心肺停止などが起こった場合医師の指示のもと代わりに処置をします。
主に消防署の消防士として勤務し、24時間体制でいつ何が起きてもすぐに出動できるようにスタンバイしています。

資料請求はこちら

 救急救命士の資格情報はこちら

歯科衛生士

歯科衛生士は、専門学校、短期大学や四年生大学で専門の知識や技術を学んだ後、歯科医療振興財団の実施している国家試験に合格するとなれる職業です。
主に歯科医師の医療補助を行いますが、予防歯科の観点から、歯の磨き方などを患者に指導する事もあります。

資料請求はこちら

 歯科衛生士の資格情報はこちら

診療放射線技師

診療放射線技師とは主にレントゲン撮影や放射線を使った治療などを行います。
今では放射線は治療には欠かせないものになっていますが、使い方を間違えるととても危険なものになるため、診療放射線技師のみできる仕事となります。
主には病院での勤務ですが、今では健康診断や歯科など幅広い場所で活躍しています。

資料請求はこちら

 診療放射線技師の資格情報はこちら

助産師

助産師とは、分娩可能な産婦人科などで妊娠・出産にかかわり、助産行為を行う人のことを言います。
最近では使われなくなりましたが、昔は産婆さんとも呼ばれ、妊婦検診やお産後のケア、また新生児の計測なども行います。
分娩可能な産院が減っている今、助産師の重要性が問われています。

資料請求はこちら

 助産師の資格情報はこちら

保健師

保健師とは、病気予防や健康増進、健康管理を目指し保健指導や相談業務、日常生活支援などを行います。
生活習慣病やメタボリックシンドロームの増加により保健師からの指導やアドバイスが重要視されています。
今後も予防医学志向は変わらずに保たれることから保健師の需要も高まるでしょう。

資料請求はこちら

 保健師の資格情報はこちら

薬剤師

薬剤師とは、病院から処方される処方せんをもとに薬を調剤する仕事です。
主にドラックストアや調剤薬局で勤務します。
診療の細分化により調剤薬局が大幅に増え、勤務する薬剤師の数も増えました。
また、処方せん受付をしている薬局の増加によって薬剤師のはもっと身近な存在になりました。

資料請求はこちら

 薬剤師の資格情報はこちら

理学療法士

高齢化に伴い、リハビリを必要とするお年寄りが増加している。
介護が必要な状態にいたる前に身体機能の低下を防ぐ予防リハビリ、さらに訪問リハビリなども広がってきており、理学療法士へのニーズは増えていくと考えられます。

資料請求はこちら

 理学療法士の資格情報はこちら

臨床検査技師

臨床検査技師は有資格専門職ではありますが、資格を取ったから一生安泰というものではなくなりつつあります。
臨床検査技師の資格を持ちながら、細胞検査士や診療放射線技師といった関連資格を取得して強みを持とうとする人も増加しています。

資料請求はこちら

 臨床検査技師の資格情報はこちら

臨床工学技士

臨床工学技士は医療系の専門職のなかでも比較的歴史が浅い職種。
以前は、メーカーの社員が医療機器の操作をしており、未だそのようなケースもあります。
最近では臨床工学技士を雇うケースが増えており、認知度や役割は急ピッチで上昇しています。

資料請求はこちら

 臨床工学技士の資格情報はこちら

あんまマッサージ・指圧師

あん摩マッサージ指圧師は、開業権のあるところが魅力の一つです。
また、医師や歯科医とは異なり、スタッフを置かず、自分ひとりだけで開業できること、特別な機材がいらないので開業資金を抑えることができることが強みです。

資料請求はこちら

 あんまマッサージ・指圧師の資格情報はこちら

きゅう師

きゅう師は、東洋医学に基づきツボにモグサを置いて、燃焼させその温熱で刺激して血液の循環を促す方法で施術をします。
きゅう師の資格のみではなく、一緒に鍼師やあんまマッサージ指圧師の資格取得することが一般的で、鍼灸師として活躍しています。

資料請求はこちら

 きゅう師の資格情報はこちら

獣医師

獣医師とは人間以外の動物の治療を行なういわば動物の先生です。
ペットブームにより犬や猫はもちろん、時には鳥やへびなど様々な動物の治療を行ないます。
昼夜問わずに運び込まれてくるため、休む間もなく次の日の勤務ということもあります。

資料請求はこちら

 獣医師の資格情報はこちら

歯科技工士

文部科学省の指定した歯科技工士学校を卒業する、厚労省大臣が指定した歯科技工士養成所を卒業する。
歯科医師国家試験受験者、外国の歯科技工士養成所を卒業することで受験資格が与えられるので誰でも受けられるわけではありませんが年に一回試験があります。

資料請求はこちら

 歯科技工士の資格情報はこちら

はり師

大学に入学する資格(高卒・もしくは高等学校卒業程度認定試験合格)であることもしくは、厚生労働大臣が認定した学校、養成施設を修了して受験資格を得た方が毎年2月下旬にある筆記試験を受けます。
試験科目はり師ときゅう師で分かれていますが同時に受ける場合は、共通科目の試験は免除されます。
この試験を合格すると晴れてはり師・きゅう師の資格取得です!

資料請求はこちら

 はり師の資格情報はこちら

介護福祉士

介護福祉士とは介護・福祉分野で働くものに関する国家資格です。
主に老人ホームや身体障がい者の通う特別支援学校などで勤務するのが一般的で、そこに入所している老人や生徒の食事や生活全体のケアがメインの業務なので比較的忍耐力の必要な仕事です。
資格取得には4つのルートがあります。今後の需要は増える一方です。

資料請求はこちら

 介護福祉士の資格情報はこちら

社会福祉士

社会福祉士とは身体的・精神的・経済的なハンディキャップのある人から相談を受けるいわば相談役のお仕事です。
国家試験は難しく、毎年多くの人が受験しますが合格率は30%弱ですが高齢化が進んでいる今、社会福祉士はとても求められている資格の一つと言えます。

資料請求はこちら

 社会福祉士の資格情報はこちら

義肢装具士

高い技術を身につけることができれば年齢を問わず、昇給の可能性がある実力社会であるともいえるのが義肢装具士の業界です。
義肢装具士の仕事は医師の処方箋によって、身体障がい者や手足を失ってしまった人のために、義足や義手の制作、メンテナンスなどを行いますあ。企業によって異なりますが、優秀な経験者は優遇するという傾向が強いのもこの業界の特徴です。

資料請求はこちら

 義肢装具士の資格情報はこちら

言語聴覚士

言語聴覚士の養成課程がある大学、短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了するという受験資格、誰でも受けられるわけではありません。
指定試験機関として指定された公益財団法人医療研修推進財団が行う試験が年に1回2月にあります。言語聴覚士はあまりなじみのない職業だと思いますが、老化や先天的な要因により、話す、聴くなどの生活に必要不可欠な能力にハンディキャップがある人のリハビリテーション、ケアを行います。

資料請求はこちら

 言語聴覚士の資格情報はこちら

作業療法士

作業療法士の養成課程がある大学、短大、専門学校で3年以上学び、所定の課程を修了するという受験資格がありますので誰でも受けれるわけではありませんが、厚生労働省が指定する各地で筆記試験、口述試験は東京で、年に一回試験があります。作業療法士の仕事は、理学療法士と似ていますが、主に身体障がいのある人のリハビリを行います。

資料請求はこちら

 作業療法士の資格情報はこちら

柔道整復師

学校教育法第90条の規定により大学に入学する事のできる者で、3年以上文部科学大臣が認定した学校又は厚生労働大臣が認定した養成施設(いわゆる専門学校)で知識、技能を修得した者に受験資格があります。誰でも受けられるわけではありませんが、年に一回試験があります。
柔道整復師の仕事は、運動中に捻挫、脱臼、肉離れなどで体を負傷した者に対して、接骨院や整骨院にて、外科施術を用いずに、テーピングの利用や整体にて施術を行こないます。

資料請求はこちら

 柔道整復師の資格情報はこちら

 

 

 

国家資格バナー

PR


 

技術・建築・工業・特殊・IT系の国家資格

建築系の資格一覧はこちら

機械系の資格一覧はこちら

 IT系の資格一覧はこちら

技術、IT系の国家資格には理系専攻者向けの資格が多く、無線通信士や建築士、航空整備士などがあります。これら以外にも不動産鑑定士や中小企業診断士、ファイナンシャルプランナーなどの経営や副業などにぴったりな資格も多くあります。

↓本ページで紹介中の技術、IT系の国家資格一覧です。

ピックアップ資格一覧

宅地建物取引士

宅地建物取引士は、不動産に関わるあらゆる法律の知識を持ったうえで、不動産取引を行います。
弁護士と同じ士業であったり、多くの日本企業が取得を奨励しているとても人気な国家資格です。
金融や小売りなどの業界でもニーズがあり、転職に有利です。

資料請求はこちら

 宅地建物取引士の資格情報はこちら

一級建築士

一級建築士は建設業会の中では最上級の資格になり、建設士法で定められている基準値以上の建造物を建設する際には必要になる資格です。
独占業務になるので非常にニーズがあり、独立しても十分に需要がある資格となりますが仕事と並行して受験勉強をしなければならないことから資格取得の難易度はとても難しいものです。

資料請求はこちら

 一級建築士の資格情報はこちら

ITパスポート

ITパスポートという資格は、学生や社会人が知っておくことが望ましいITの知識があるかどうかを証明することができる資格です。
情報系の国家資格の入門編でもあります。受験には制限がないので、何歳でも受験することができます。

資料請求はこちら

 ITパスポートの資格情報はこちら

貴金属装身具技能士

いつの時代でも、特に女性にとってアクセサリーは日常の生活に色を加えます。
さらに特別な日にも必要となるものであり常に需要があります。
取得までに経験が必要となり時間はかかりますが、人を喜ばすことのできるというやりがいのある職業といえます。

資料請求はこちら

 貴金属装身具技能士の資格情報はこちら

海上無線通信士

現代社会では、無線による通信技術はなくてはならないものであり、そのため海上無線通信士を含む無線通信士の仕事がなくなってしまうことは決して無いでしょう。
国際的にも評価が高く、非常に魅力的な資格となっています。

資料請求はこちら

 海上無線通信士の資格情報はこちら

総合無線通信士

試験の難易度は非常に高く、合格するのに何年とかかることもあるようです。
とはいえ、国際的に通用する免許なので、無線を扱うどの業界でも極めて高い評価を受けます。
総合無線通信士を持っていれば、無線業界において活躍できる範囲は無限に広がるでしょう。

資料請求はこちら

 総合無線通信士の資格情報はこちら

陸上無線技術士

陸上無線技術士の資格を取得すると、放送局やNTTなどの無線設備など、大規模無線局で働くことができ業界では非常に重宝されます。
どのような活動においてもで必要不可欠であることから、社会的価値は高く、将来性も問題ないといえるでしょう。

資料請求はこちら

 陸上無線技術士の資格情報はこちら

航空運航整備士

航空運航整備士の資格は数種類に分かれており、資格によって整備ができる飛行機の種類が違ってきます。
資格をたくさん取れば取るほど、自分のができる仕事が増えていくので非常にやりがいのある仕事と言えます。

資料請求はこちら

 航空運航整備士の資格情報はこちら

航空工場整備士

資格を取ってからも、航空工場整備士としての知識や技術はやればやるだけ磨かれていくため、常に成長意欲と向上心を持つことも大切です。
どんどんスキルアップしたいと思える人には、最適の仕事といえるでしょう。

資料請求はこちら

 航空工場整備士の資格情報はこちら

航空整備士

1等・2等航空整備士は国土交通省による国家資格で、受験には実務経験が必要です。
扱える航空機の種類によって資格が分かれており、より上位の資格取得を目指して勉強は続きますが、志の高い航空整備士のチームワークによって、空の安全は保たれています。

資料請求はこちら

 航空整備士の資格情報はこちら

指定自動車教習所指導員

指定自動車教習所指導員は、自動車教習所で教習や技能検定を担当する教官に必要な、国家資格です。
免許取得を目指す人に運転技能や知識、道路交通法遵守や安全運転を心がけるモラルなどを指導する、大変重要な職業です。

資料請求はこちら

 指定自動車教習所指導員の資格情報はこちら

事業用操縦士

事業用操縦士(飛行機)とは、農薬散布やメディア空撮、遊覧飛行などで使用する飛行機や、エアラインの副操縦士など、幅広い目的で飛行機に乗務できる資格です。
受験には一定の飛行経験や航空知識が必要なので、航空大学校等の養成機関で学ぶのがお勧めです。

資料請求はこちら

 事業用操縦士の資格情報はこちら

自動車検査員

自動車検査員は、みなし公務員として国に代わって車検を行う責任のある仕事です。
自動車整備を行う中で、より上位の資格を必要とする難しい仕事ですが、その分やりがいと達成感を感じられるでしょう。
自動車や関連する技術に興味のある人におすすめです。

資料請求はこちら

 自動車検査員の資格情報はこちら

自動車整備士

自動車整備士は扱える自動車の種類によって資格が異なり、より幅広い種類の自動車を整備するために、日々勉強が続く仕事です。
新しい技術を積極的に取り入れる強い好奇心をもって、自動車整備に取り組める人が求められています。

資料請求はこちら

 自動車整備士の資格情報はこちら

ファイナンシャル・プランニング技能検定

ファイナンシャルプランナーは生命保険や税金、住宅ローンなどといった幅広い知識をもって、相談者の資産運用に的確なアドバイスをする職業です。
ファイナンシャルプランナーになるにはファイナンシャル・プランニング技能検定に合格する必要があります。

資料請求はこちら

 ファイナンシャル・プランニング技能検定の資格情報はこちら

気象予報士

気象予報士になるには、気象業務支援センターが実施している超難関の試験、気象予報士試験に合格しなければなりません。
気象予報士は様々なデータから天気を予測しますが、企業の業績や個人の命にかかわる業務になるので、資格のない人は業務を行えません。報道番組の気象予報のコーナーでの業務が一般的ですが、それだけでなく一般の企業での業務もあります。

資料請求はこちら

 気象予報士の資格情報はこちら

フォークリフト運転資格

フォークリフト運転資格は、講習を受けて得られる資格で、フォークリフトの安全な運転に必要なものです。
物流業での荷物運搬・配送・各種倉庫での荷物仕分け・イベント設営など活躍の場は多く、将来的にも安定した需要が期待できます。

資料請求はこちら

 フォークリフト運転資格の資格情報はこちら

測量士

測量士とは測量士法によって測量に関する計画を作成し実施する国家資格です。
ITの技術進歩により仕事の内容も大幅に変化したひとつとなります。
近年は土地家屋調査士の科目免除のためなどで受験する方が増えております。

資料請求はこちら

 測量士の資格情報はこちら

中小企業診断士

中小企業診断士は経営コンサルタントとして認められる唯一の国家資格です。
社労士や税理士と比べられることが多いですが、この3つの中で一番自由度の高い国家資格だといわれています。
理由として社労士では保険業務、税理士が税務関連と決まった内容に特化しているのではなく診断士は企業の経営能力を総合的に診断することができる為です。
その為、独立する方が多いのがこの資格の特徴となります。

資料請求はこちら

 中小企業診断士の資格情報はこちら

不動産鑑定士

不動産関係の資格の中での最難関資格がこの不動産鑑定士となります。
文系三大国家資格のひとつであり合格率も低い資格でもあります。
個人の資産だけでなく企業の資産の地価評価や証券化した不動産の評価などな不動産鑑定士しか行えない仕事となっております。

資料請求はこちら

 不動産鑑定士の資格情報はこちら

通訳案内士

通訳案内士とは主に外国人観光客を対象に、滞在中の通訳をする仕事です。せっかく通訳案内士という国家資格を取得しても、実際にその資格を活かして通訳の仕事をしている人は全体の30%ほどです。
民間の観光親善大使という非常にやりがいのある仕事ですが、通訳案内士の数に対して仕事量が足りないという事情があります。

資料請求はこちら

 通訳案内士の資格情報はこちら

レストランサービス技能士

ホテルやレストランでの接客サービスの技能向上や社会的、経済的地位の確立を図ることを目的にスタートした資格です。
専門学校でも専門科を設けるところも多く3級取得に向けて学習しやすい環境となっております。
東京オリンピック向けて高級レストランやホテルでの需要が高まりつつある資格です。

資料請求はこちら

 レストランサービス技能士の資格情報はこちら

基本情報技術者

基本情報技術者は、プログラマーやエンジニアの登竜門的な国家資格です。
基本と銘打ってはいるものの、合格率は毎回三割前後です。
実際の試験ではコンピューターやプログラミングのことだけでなく、企業経営などについても問われます。

資料請求はこちら

 基本情報技術者の資格情報はこちら

ピアノ調律技能士

ピアノ調律技能士は、日本ピアノ調律師協会という団体が運営している試験に合格することで、資格を得られます。
ピアノ調律技能士の仕事は主にピアノの鍵盤の調律を整えたり、メンテナンスを行います。試験を受験する人は大抵専門学校でピアノの調律の知識や技術を学びます。
独立も可能ですが、競争は熾烈なものになっているようです。

資料請求はこちら

 ピアノ調律技能士の資格情報はこちら

 

 

 

美容系の国家資格

 美容系の資格一覧はこちら

美容系の代表的な国家資格には美容師や理容師があります。似ている職業ですが、実はかなり異なる資格となっています。

↓本ページで紹介中の美容系の国家資格一覧です。

ピックアップ資格一覧

美容師

美容師は厚生労働省が所管の国家資格です。
高校を卒業し、専門学校で知識や技術を学んだ後に国家試験を受験するのが一般的なルートです。
美容師には髪をカットする技能だけでなく、結髪や化粧等のスキルも必要とされます。美容業界は競争が激化している業界なので、資格を習得して店頭に立ち、顧客を得て安定した収入を得るためには、他者との差別化が必要になってきています。

資料請求はこちら

 美容師の資格情報はこちら

理容師

理容師は厚生労働省が所管の国家資格です。
美容師と混合されがちですが、法律では理容は頭髪を剃ったり切ったりすることを指し、美容はパーマや化粧などを行うことを指しています。
最近はおしゃれな理容店が出店されたりと、徐々に進化しています。

資料請求はこちら

 理容師の資格情報はこちら

 

 

 


 

司法・行政系の主な国家資格

 公務、法律系の資格一覧はこちら

司法、行政系の国家資格は公務員に該当する職で必要となることが多いです。例えば、裁判官や警察官、消防士などです。また、この他にも公認会計士や税理士、行政書士なども該当します。

↓本ページで紹介中の司法、行政系の国家資格一覧です。

ピックアップ資格一覧

公認会計士

企業の監査業務・会計業務・コンサイルティング業務・税務業務を行う会計と監査の専門家が公認会計士です。
公認会計士試験は弁護士、医師と並んで、三大国家資格という日本国内での超難関資格と位置付けられています。

資料請求はこちら

 公認会計士の資格情報はこちら

司書

司書の仕事は公立図書館や教育機関に内蔵している図書館にて図書の専門業務を行います。
現在、司書として働いている人も、他の業種に従事している人もみんな、与えられた環境で自分の知識・技能を活かそうと懸命に働いているのです。
司書を取り巻く状況を客観的に見据えながら、それでも司書になりたいという気持ちを大切にしていきましょう。

資料請求はこちら

 司書の資格情報はこちら

税理士

税理士は国税局が管轄する国家資格です。
税の専門家として、企業や個人における申告納税の推進を行い、納税代理や企業コンサル等も行います。税理士の最も重要な仕事の一つが、各都道府県の行政と連携しながら個人もしくは法人に対して、租税がきちんと行われているか、滞納していないかなどを摘発、納税させるのがおもな仕事になります。この仕事以外にも会計などお金を扱う業務も行うため、資格習得も容易ではなく、例年の合格者は10%~20%にとどまります。現在は、他の士業と連携し活動していくことも多くなっています。

資料請求はこちら

 税理士の資格情報はこちら

消防設備士(甲種・乙種)

消防設備士は消防士とは異なり、その資格を持つものは、各建物や施設の防火設備(消火器・スプリンクラーなど)の設置、管理、メンテナンスを行います。
甲種、乙種と種類があり、それぞれに受験資格が設定されています。
一定の需要があるため転職や独立には困らないでしょう。

資料請求はこちら

 消防設備士(甲種・乙種)の資格情報はこちら

裁判所事務官I種

裁判所事務官とは裁判部門か司法行政部門のどちらかに配属されます。
裁判部門は主に裁判をスムーズに進められるよう裁判の準備や、判呼出状や訴状といった書類の作成や送付などを行います。
司法行政部門は会計や経理など裁判所での事務作業を行います。

資料請求はこちら

 裁判所事務官I種の資格情報はこちら

国家公務員総合職

国家公務員総合職とは、合格すればキャリアと呼ばれる各省庁の幹部候補生になれることもあり、人気が高い資格の一つですが、合格するのは格段と難しく倍率は人気の高い行政で約58倍です。
国民全体の為に奉仕することを使命とする国家公務員総合職はやりがいもあり、収入面でも安定しているといえます。

資料請求はこちら

 国家公務員総合職の資格情報はこちら

刑務官

刑務官とは、刑務所や拘留所の警備や運営、受刑者の見張り、出所後の社会復帰に関する指導などを行います。
近年女性の犯罪者は増えている現状で女性刑務官は減少しています。
就職後の職業内容の相違がないよう「女子会」ならぬ女性刑務官と受験希望者の相談会なども行われています。

資料請求はこちら

 刑務官の資格情報はこちら

警視庁警察官・婦人警察官

警視庁警察官Ⅰ種とは「キャリア組」と言われ、東京の警視庁で勤務します。
合格するためにはとても難易度の高い試験に合格する必要がありますが、合格することができれば収入・職業には一生困ることはないと言っても過言ではありません。

資料請求はこちら

 警視庁警察官・婦人警察官の資格情報はこちら

行政書士

行政書士は官公庁への許認可に関する書類提出や書類作成代行などを行い報酬をもらう仕事です。
たくさんの資料と時間が必要となるため几帳面である人が向いていると言えます。
将来、高齢化による依頼者の増加によって行政書士の仕事は今以上に必要とされる職業の一つでしょう。

資料請求はこちら

 行政書士の資格情報はこちら

警備員

警備業務検定は、各都道府県の公安委員会が主催する講習を受講して修了試験を受けるか、公安委員会による直接検定を受けるかで取得できます。
様々な混乱や緊急事態を未然に防ぎ、より安全で安心な社会を築くために必要な資格といえます。

資料請求はこちら

 警備員の資格情報はこちら

 

 

 

教育・食育・栄養系の主な国家資格

 教育系の資格一覧はこちら

 食育系の資格一覧はこちら

教育、食育、栄養系の国家資格には教員免許や調理師、管理栄養士などに関する資格があります。資格と職業が結びつきやすく、資格があれば職に困りにくいのが利点です。

↓本ページで紹介中の教育、栄養系の国家資格一覧です。

ピックアップ資格一覧

食品衛生管理者

食品衛生管理者は食品法によって決められた加工食品を製造・加工するのための施設ごとに必ず配置しなければいけないことになっております。
試験を受けて合格することで資格を得るものではなく、1か月~2か月の講習を受講し修了することで得られる役職的資格となります。

資料請求はこちら

 食品衛生管理者の資格情報はこちら

教員・教諭免許

一般的になじみのある教員免許は、大学等で教職課程修了後、実際に高等学校で教壇にたち、教育実習を経て修得できる国家資格です。一言で教員免許と言ってもその種類は様々で、小学校、中学校、高校教諭があり、その修得方法も変わってきます。

資料請求はこちら

 教員・教諭免許の資格情報はこちら

学芸員・学芸員補

学芸員として働くにあたって資格取得はあくまで前提条件であり、学芸員になるには採用試験に合格することが必要となります。
学芸員の資格取得者の数に対して、採用人数は非常に少ないため、学芸員の資格を取得していても就職することは容易ではありません。

資料請求はこちら

 学芸員・学芸員補の資格情報はこちら

栄養教諭1種免許・栄養教諭2種免許

栄養教諭採用試験は、各都道府県等が行う教員採用試験を受験する必要があり、教員採用試験用の勉強をしなければなりません。
難易度は高いですが、子どもは未来を担う存在であり、高等学校等での給食の献立の設計、栄養バランスの計算などその食育に携わる仕事に就けることが、この資格を取得する最大のメリットです。

資料請求はこちら

 栄養教諭1種免許・栄養教諭2種免許の資格情報はこちら

管理栄養士

管理栄養士は栄養管理や指導を行います。栄養教諭が小中学校の食育指導を行うのに対して、管理栄養士はおもに
大学病院、保健所など医療機関での業務に加え、アスリートの栄養、健康管理を行うこともあります。
また、栄養士は調理業務を行うことが多いですが、管理栄養士になると「管理」がメインの業務になります。

資料請求はこちら

 管理栄養士の資格情報はこちら

調理師

調理師は様々なジャンルの料理を飲食店やホテルなどの施設で調理します。
調理師免許の取得には複数のルートがありますが、最も一般的なルートは高校卒業後に専門学校で学んだり、指定された条件下で実務経験を積んで試験を受けるというルートです。

資料請求はこちら

 調理師の資格情報はこちら

 

 

 

 民間資格一覧はこちら