動物系資格一覧

   

 

トリマーなどの動物に関する資格を紹介します。
こちらは「動物」に関する資格のページです。
私達人間のパートナーにもなりえる動物。
現在は犬のヘアカットをするのが主な仕事である「トリマー」などの資格を紹介しています。
国家資格などは存在せず、民間の機関が独自に設定している資格があります。
働くために必ずしも資格は必要ありませんが、持っていると有利に働くでしょう。
これらの資格の勉強法・難易度・合格率・試験概要を各ページで細かく解説しております。

 

盲導犬訓練士

犬の訓練を行い盲導犬を育成するのが盲導犬訓練士の仕事です。 訓練士は最終的に盲導犬の訓練だけではなく、目の不自由な方と盲導犬との歩行指導を行ってゆく盲導犬歩行指導員を目指します。

ペット美容師

トリマーは、業務独占資格ではありませんので、資格を持っていなくてもトリマーとしての業務を行うことは可能ですが、専門的な知識と技術力とが必要になりますので、トリマーとしての仕事をしたいのであれば、認定資格を取得するのが一般的です。

水族館トレーナー

知能の発達した海獣のトレーナーは、時には保護者であり、時には演技をする海獣に対する脇役であります。健康管理に必要な専門知識、体を使ってこなすハードな仕事に負けない自分自身の体力、来館者に動物の魅力を伝えたいという意欲も求められます。絶対に欠かせない条件は、泳ぎと潜水が得意なことです。

動物飼育員

施設規模や動物の展示方法、担当する動物やその個体数などによっても異なりますが、基本として共通するのは、給餌と排泄物の清掃、健康管理です。動物の世話に加え、来場者へのサービスも担当します。動物の生態や本来の生環境などの知識・情報を分かりやすく説明します。また、人間と動物に共通する病気への対策を十分に行う必要があります。来場者と動物の接触の管理、自分自身の衛生・健康管理も重要な仕事といえるでしょう。

犬訓練士

犬訓練士は警察犬の育成技能を認定する資格です。受験資格を得るまでには、長期間の忍耐が必要となります。給与としての見返りは少ないですが、自分の担当した犬が社会の役に立っているというやりがいがあります。

愛玩動物飼養管理士になるには

ペットショップや動物病院に勤務している人にとっては、スキルアップのために打ってつけの資格です。またこれから自分で動物関連のお店を始めてみたいと思っている人にも、動物取扱責任者の資格を取得するためにも愛玩動物飼育管理士の資格を持っていると有効です。

動物看護師になるには

ペットを飼う人が増え、動物病院の需要も高まる中、専門知識とスキルを持った動物看護師のニーズはさらに高まるでしょう。将来的には公的な資格ができる可能性も大いにあり、待遇面での改善が期待できるかもしれません。

獣医師

獣医師 資格

獣医師はすべての人間以外の動物に対して診療や治療をするお仕事です。動物病院での受診のみならず、水族館や動物園などでの動物の整体管理なども行います。試験では獣医学と衛生学の主に2分野から問題が出題されます。獣医師の資格は国家資格で公務員として獣医師になることも可能です。

トリマー

トリマーは動物の美容師のことをいいます。シャンプーやカットをはじめとして、耳掃除、爪切り、ブラッシングなどの作業も業務の一環となっています。トリマーの資格は民間資格で、取得には専門学校に通うか通信教育を受ける必要があり、この資格がないとトリマーとして働けません。