メイクセラピー検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-06

公開日:2018-08-31

心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法であるメイクセラピーは、色彩学や印象分析の理論を踏まえ、目の錯覚効果やコスメの質感を活用したメイク技術を用いて、メイクされる人がなりたい自分になるためのメイクアップを提供するもので、今後ますますニーズの高まりが予想されています。メイクセラピー検定では、メイクセラピーの概念をトータルで習得することが可能です。


メイクセラピー検定は幅広い年代層の男女。圧倒的に女性が多いが目指せる、将来性のある資格です。
メイクセラピー検定資格取得者は他にもメイクセラピストと呼ばれております。
メイクセラピー検定の資格は「民間資格」です。

資格広場は、メイクセラピー検定になるには?メイクセラピー検定なるためには?メイクセラピー検定になりたいを応援しております。

メイクセラピー検定になるために必要な知識・受験資格

メイクセラピストは、クライアントの顔の輪郭などのパーツバランスや、色彩心理による感情効果などの色彩、化粧品の質感を考慮しメイクを行いますので、メイクアップの理論や技法に加え、色彩に関する知識や心理カウンセリングなどの知識、使用する化粧品に関する知識等が必要です。

メイクセラピー検定の資格は「一般社団法人メイクセラピストジャパン (MTJ)」が運営管理を行っております。

一般社団法人メイクセラピストジャパン (MTJ)とは:
メイクセラピストジャパン (MTJ)は、メイクセラピスト及びメイクセラピー等の育成支援事業や、消費者等に対するメイクセラピスト及びメイクセラピー等に関する情報提供を通じて、メイクセラピスト及びメイクセラピー等の普及を促進する活動を行う団体です。

メイクセラピー検定

メイクセラピー検定ってどんな仕事?(仕事内容など)

メイクセラピーとは、心理カウンセリングの手法を取り入れたメイクアップ技法のことで、化粧療法の一環に位置づけられています。メイクセラピーの目的は、外見をキレイにするだけでなく、心理カウンセリングによってメンタルサポート(心理的援助)をすることです。メイクセラピストは色彩学や印象分析の理論を備え、目の錯覚効果やコスメの質感を活用したメイク技術を用いて、メイクされる人がなりたい自分になるためのメイクアップを提供します。メイクセラピー検定はメイクセラピーの知識と技術に関する検定試験で、受験者は化粧品や美容業界、ブライダル業界に関わる人たちが多く、スキルアップやメイクに関する技術以外の知識を持つことを証明するために受験することが多いようです。

メイクセラピー検定資格取得の為の勉強法

メイクセラピストジャパン (MTJ)が発行するメイクセラピー公式テキストを活用して独学で受験することが可能です。筆記試験については、どの級もメイクセラピー公式テキストを中心に勉強していくと良いでしょう。3級、2級についてはMTJにてeラーニングや通信講座などの各種講座が用意されていますので、活用するとよいでしょう。2級対策では講師からの直接指導をうけられる講座も実施されています。MTJが主催する講座以外にも関連の講習を実施しているスクールなどがあります。実技試験対策では、実際にクライアント役のモデルを用いてカウンセリングやメイクアップを行う練習を繰り返し行うとよいでしょう。

メイクセラピー検定の専門学校や通信講座について


メイクセラピー検定の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

メイクセラピー検定の資格試験料

3級は5,400円、2級は8,640円、1級は10,800円、特級は12,960円です。2級と1級は筆記または実技のみを再受験することが可能で、再受験料は2級が5,400円、1級が7,020円です。特級の認定には別途認定講座の受講が必要で、受講料は57,040円です。

メイクセラピー検定試験・検定の年間試験回数

3級は2月・6月・11月の年3回、2級と1級は6月・11月の年2回、特級は8月の年1回です。

メイクセラピー検定試験科目等の内容

3級、2級、1級、特級の4つの受験レベルがあります。3級と2級は受験資格に制限がありませんが、1級の受験には2級の合格、特級の受験には1級の合格と活動報告書提出、認定講座受講が必要です。試験では筆記試験と実技試験が行われます。3級は実技試験はなく、マークシート方式の筆記試験が在宅で行われ、試験時間は60分です。2級ではマークシート方式と記述式からなる筆記試験と実技試験が行われます。筆記試験は在宅で行われ、試験時間は60分、実技試験は会場にて受験し、試験時間は30分です。1級はマークシート方式と記述式からなる筆記試験と実技試験が行われ、試験時間は筆記50分、実技40分、合わせて90分です。特級の試験は、記述式の筆記試験と実技試験が行われ、試験時間は筆記が30分、実技が50分、合わせて80分です。筆記試験の各級共通の出題範囲は、メイクセラピー的心理学などの心理関連分野、人間関係論のコミュニケーション分野、色彩心理学などの色彩関連分野、スキンケア概論などのメイクアップ関連、カウンセリング概論のカウンセリング関連です。いずれもメイクセラピー公式テキストに準拠しています。実技試験では、受験者が用意したクライアント役のモデルに、オーダーに合わせた半顔メイクを施します。評価項目は各級で異なりますが、メイク中のマナーなども評価ポイントになります。筆記・実技とも、得点率80%以上(特級の筆記のみ70%)以上で合格になります。

メイクセラピー検定資格の難易度

3級は合格率が9割以上と高く、試験も筆記のみであるため難易度は高くありませんが、2級以上は実技試験が加わり、現場で経験を積んでいないとわからない問題が出てくるなど難易度が上がり、求められる知識もかなり深くなります。合格率も低い特級の難易度はかなり高くなっているようです。

メイクセラピー検定資格の合格率

合格率は3級が90%以上、2級が50~65%、1級が20~30%、特級が10~20%です。

メイクセラピー検定試験の合格発表

詳細は不明です。

国家資格バナー

PR



メイクセラピー検定

メイクセラピー検定資格取得後の就職先・年収・報酬相場

メイクセラピー検定所持者の職業例

美容部員や美容師、ヘアメイクスタイリスト、エステティシャン、ブライダルコーディネーターなどの仕事に就いている人が多く受験しています。医療・福祉・心理カウンセリングの現場で活動する場合もあります。メイクセラピーの講師として、就職活動中の学生向けセミナーや、企業向けのメイク講座などで活躍する人もいます。

メイクセラピー検定に向いている人

メイクアップに興味がある人に向いています。また、人と接することが好きで、コミュニケーション能力が高い人に向いています。

メイクセラピー検定と同じ分野の他の資格

メイクアップアーティスト、美容師

メイクセラピー検定の年収・給料相場

ヘアサロン等に勤務するメイクセラピストの月収は20万円前後であることが多いようです。美容部員等として働く人がスキルアップのために資格を取得した場合、メイクセラピーの資格を持っているからと言って給与水準が上がるということはないようです。

メイクセラピー検定の現状

化粧品メーカーやヘアサロン等に勤務することが多いですが、近年メイクアップ技術が向上し、火傷の跡や傷などを特殊メイクで隠すといったことが可能になってきたことから、医療・福祉関係にも活躍の場が広がりつつあります。

メイクセラピー検定の将来性

近年心理カウンセリングへの関心が高まっていることもあり、その手法を取り入れたメイクセラピー(化粧療法)も今後ますますニーズの高まりが予想されています。メイクの技術でコンプレックスを取り除く事ができるメイクセラピーの需要は、今後ますます高まっていくと思われます。

メイクセラピー検定の独立について

メイクセラピストとしてサロンなどで知識と経験を積むことで、独立することが可能です。

メイクセラピー検定資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*