【職業一覧】カテゴリ・ジャンル別

     

このページではなりたい職業のランキングや職業一覧を紹介しています。また、その職業に就くために取らなければならない資格や取っておくと有利となる資格を逆引きできます。

 資格一覧はこちら

ぴったり講座診断

カテゴリ・ジャンル別職業一覧

コンピュータや医療、教育、スポーツ系など系統別での職業とその職業に必要となる資格を一覧にまとめました。クリックすると詳細ページに飛べます。

アートPC医療教育法律美容経営スポーツサービス動物建物観光機械系自動車自然航空・船舶語学調理その他
コンピュータに関わる仕事です。プログラマーやWebデザイナー、プロジェクトマネージャーなどが該当します。コンピュータの操作に慣れている方や、PCスキルや知識に富んだ方にピッタリな職業が多くなっています。

プロジェクトマネージャ
システムアナリスト
アプリケーションエンジニア
Webデザイナー
カスタマーエンジニア
情報システムコンサルタント
ゲームプログラマー

 コンピュータ系資格一覧はこちら

医療や福祉に関わる職業一覧です。医者や歯医者、獣医などをはじめとし、薬剤師やカウンセラー、介護士などが該当します。人の命などに関わる仕事もあるため、責任感の強い方や誰かのためになる仕事をしたい方にピッタリな職業が多くなっています。

歯科医師
医師
衛生管理者
救急救命士
歯科衛生士
診療放射線技師
助産師
保健師
薬剤師
介護福祉士

 医療・福祉系資格一覧はこちら

教育や保育に関わる職業一覧です。学校の先生や保育士、ベビーシッターなどが該当します。子供と関わる機会が多いため、子供好きな方にはピッタリな職業が多いです。

小学校教諭
中学校教諭
高等学校教諭
保育士
幼稚園教諭
司書
ベビーシッター
学芸員・学芸員補

 教育・保育系資格一覧はこちら

法律や公務に関わる職業一覧です。国家公務員や弁護士、警察官、消防士などが該当します。

国家公務員
消防設備士
刑務官
警察官
行政書士
裁判所事務官

 公務員・法律系資格一覧はこちら

美容系の職業一覧です。美容師や理容師をはじめとし、ネイリストやエステティシャンなどが該当します。美容への意識が高い方におすすめな職業となっています。

美容師
理容師
エステティシャン
アロマセラピスト
ネイリスト

 美容系資格一覧はこちら

旅行やホテルなどの観光に関する職業一覧です。

ツアーコンダクター
コンシェルジュ

 旅行・ホテル系資格一覧はこちら

語学に関する職業一覧です。その他にも聴覚士なども該当します。

通訳案内士
言語聴覚士

 語学・国際系資格一覧はこちら


50音順職業一覧

A-Z

大学生から人気の職業一覧

就職活動を意識し始める大学生。そんな大学生がリアルに就きたいと思っている人気職業をリストアップしました。昔から根強い人気のある職業や、グローバル化、IT社会化といった近年の社会的変化から人気となっている職業などが目立っています。

【公務員】

安定した収入や定時就業などの手堅さから人気が高くなっています。公務員になるためには、公務員試験に合格する必要があり、さらに、希望の自治体や部署に配属されるかどうかは試験の成績と面接によって決まります。人気の高い自治体に勤めるのは特に険しい道となっています。

【必須資格】
国家公務員試験

資料請求はこちら

【金融系】

銀行や証券会社に代表される金融系の職業も人気が高くなっています。特に、金融系は外資を中心に給与が高い企業が多く、今も根強い人気があります。金融系に進むために絶対必要となる資格はありませんが、簿記やファイナンシャルプランナーなどの経営に関する資格は就活時に有利に働きます。

【有利になる資格一覧】
簿記
証券アナリスト
ファイナンシャルプランナー
宅地建物取引士
中小企業診断士

資料請求はこちら

【SE(システムエンジニア)】

近年のITなどの技術の急激な進歩を背景に、システムエンジニアの需要が高まっています。その需要の増加に伴い、コンピュータを扱う知識やスキルに長けている人が重宝されています。特にSEではキャリアが重視される傾向にあり、SE職は転職活動も容易に可能となっています。

【有利になる資格一覧】
ネットワークスペシャリスト資格
応用情報技術者試験
基本情報技術者試験

資料請求はこちら

【看護師】

准看護師 なるには 資格

女性に根強い人気があるのが看護師です。高齢化が進む日本にとって医療に関わる仕事は絶対に廃れることのない仕事の1つです。看護師になるためには実習等が必要となるため、大学や短大などの看護学部に通う必要もあります。

【必須資格】
看護士免許

資料請求はこちら

【商社】

商社では入社後の早い段階からグローバルに活躍できる機会が多くなっています。また他業界と比べ、新入社員時にスケールの大きい仕事に携われる機会が多くなっています。そのため、就職してすぐに大きな仕事に携わりたい方やグローバルに活躍したい方に特に人気な職種となっています。

【有利になる資格一覧】
ビジネス実務法務検定
TOEIC
簿記

資料請求はこちら

【薬剤師】

薬剤師も女性を中心として人気が高い職業の1つです。医療に関わる仕事であるため、今後廃れることのない仕事です。薬剤師免許を取得するためには大学の薬学部に通学する必要があります。

【必須資格】
薬剤師免許

【クリエイター】

クリエイターは音楽やゲームなどの作成を行います。クリエイターになる方の多くは音楽やゲームに熱中している方が多く、趣味を職業にできる良さから人気となっています。

【有利になる資格一覧】
ゲームプログラマー
アプリケーションエンジニア
webクリエイター能力認定試験

【広告代理店】

広告代理店も近年人気となっています。昔と比べて情報の発信方法が多様化し、広告媒体が劇的に増えたことで人気の高い職業となっています。特に必須となる資格や有利になる資格はありませんが、英語は最低限出来た方がよいでしょう。

【有利になる資格一覧】
TOEIC

資料請求はこちら

年収の高い職業一覧

職業によって年収は大きく変化します。たとえば、年収の高い職業の代表として医者や弁護士などです。ここでは厚生労働省が発表している統計データをもとに、平均年収が特定額を超える職業をリストアップしました。

平均年収1000万円越えの職業

平均年収が1000万円を超える職業は以下の5つのみで、年収の高い順に並んでいます。

どの職業に就くのも非常に難しく、限られた人のみしか就けない職業となっています。特に、医者やパイロット、弁護士などは大学などの専門機関へ通うことがほぼ必須となっています。
1位の医者の平均年収は約1230万円、2位のパイロットは約1190万円、3位の大学教授は約1050万円と、超高年収となっています。

平均年収700万円越えの職業

平均年収が700万円~1000万円の職業は以下の5つです。

大学関連の職業が2つランクインしています。大学准教授は大学教授の1つ前のポスト、大学講師は大学准教授の1つ前のポストとなっています。
不動産鑑定士や歯科医師など人気な職業の年収も高くなっています。

職業の種類・分類

職業は厚生労働省の職業分類によっていくつかの分類分けが実施されています。
厚生労働省では職業を11種類の大分類に分けており、さらに、中分類や小分類、細分類などの細分化された分類も設けています。細分類に至っていは約330種類もあり、さまざまな職種があります。

【大分類と主な仕事内容例】

  • 管理職
  • 課以上の組織の管理者。部長や店長などの管理職や国会議員、知事など。

  • 専門・技術職
  • 高度な専門技術や知識を応用する仕事。研究者や医者、薬剤師、弁護士、税理士など。

  • 事務職
  • 庶務や人事、会計などの仕事。一般事務員や会計事務、窓口事務など。

  • 販売職
  • 商品やサービスの売買をする仕事。営業職や販売店員、レジ係、販売外交員など。

  • サービス職
  • 接客や娯楽、美容など個人向けサービス業。接客係、ウェイター、美容師など。

  • 保安職
  • 法と秩序の維持をする仕事。警察や警備員、消防員など。

  • 農林漁業職
  • 農業や林業、漁業などの仕事。農家、漁師など。

  • 生産工程職
  • 生産設備の制御や監視の仕事。機械修理工や整備工など。

  • 輸送・機械運転職
  • 鉄道や船、航空機などでの輸送、運転の仕事。車掌やパイロットなど。

  • 建設・採掘職
  • 建設やダム、トンネルなどの採掘に関わる仕事。大工や配管工、土木従事者など。

  • 運搬・清掃・包装等職
  • 運搬や配達、清掃などの仕事。郵便や運搬従事者、配達員、清掃員など。