食・調理・栄養系資格一覧

   

 

栄養士・調理師等の調理・栄養に関する資格を紹介しているページです。 こちらは「調理・栄養」に関する資格のページです。 【食】は人が生きるうえで不可欠なことであり、「栄養士」はその人その人に合った栄養指導を行います。 また、「調理師」は働くために必ず必要な資格ではありませんが、厚生労働省から認められている立派な国家資格です。 どちらの資格も合格率はさほど低くはないので、きちんと勉強をすれば難しくはない試験だといえます。 各ページでは、試験の概要・合格率・勉強法・難易度・給料などについて細かく解説をしています。 どちらの資格も、持っていると何かと重宝する資格です。 是非、きちんと事前準備をし、合格するための参考にしてくださいね!

 

調味料マイスター

調味料マイスターとは、醤油、味噌など日本の伝統調味料に関する原材料、旬などといった知識に関しての行われている認定資格です。資格の取得には「日本調味料マイスター協会」の行なう調味料マイスター養成講座を受講し修了試験に合格する事で取得出来ます。

紅茶コーディネーター

紅茶コーディネーターとは、紅茶に関する深い知識があり、紅茶全般について指導する民間資格です。この資格は、講座を受講することで取得することができる資格となっており、紅茶の知識だけでなく、バリエーションティーの作り方や紅茶に合うお菓子や料理などのティーフードなども学ぶことができます。

家庭料理技能検定(R)料検(R)

家庭料理技能検定ですが、これは難易度別に6段階に分けられています。5級・4級・3級・2級・準1級・1級であり、そのうちの5級と4級を除く4段階では、筆記試験のほか、実技試験も課せられます。食の知識を学ぶだけでなく、食事を作り出す技術も求められる家庭料理技能検定らしい試験制度だと言えるでしょう。

ワインエキスパート

ホテルやレストランなどで、料理や客の好みを考慮し、最適なワインを提案する仕事です。お客さまの要望に応じて、さまざまな飲み物を提供したり、料理選択の際に適切な助言を行ったりします。そのため多くの専門知識が必要とされる立場となります。

栄養士

栄養士の免許は有効期限がないため、資格取得後もとくに更新手続きなどは必要なく、ずっと有効なものとして使い続けることができます。一度この資格を取得すれば、資格を生かして就職先・転職先を見つけることが可能になります。

栄養情報担当者(NR)

NR・サプリメントアドバイザーは、栄養情報担当者資格とサプリメントアドバイザー資格が統合されてできた資格です。健康機能食品やサプリメントについて、栄養状態などを考慮しながら、的確で専門的なアドバイスを行うことができる人を認定するものです。

ベジフルビューティー

ベジフルビューティーアドバイザーは野菜や果物を美容の為に取り入れる事を目的として、野菜や果物に含まれる美容成分を紹介、提案するための資格です。ベジフルビューティーアドバイザーの主な役割は、美容の知識と野菜や果物の栄養学の知識から美容に関する助言や美容成分の説明などから野菜と果物の美容効果を広く伝える事にあります。

リフレクソロジスト

足の裏のさまざまな特定の部位を刺激することで、人間の体全体の自然治癒力を高めるとされる新しい民間療法です。リフレクソロジストは、この技術を習得した人のことを指します。按摩やマッサージ師のように国家資格は必要なく、整体やカイロプラクティックなどと同様、技能の認定には民間資格が用意されています。

フードコーディネーター

仕事の領域は実に幅広く、企業のレシピ作成や料理番組・雑誌の料理コーナーへの出演、料理教室の講師、あるいは食品関連企業のアドバイザーなど多方面で活躍しています。多くのフードコーディネーターは、自分の得意分野や強みを生かしながら、さまざまな分野で活躍しているのです。

フードマエストロ

農業や漁業、そして流通などの食に関係する幅広い知識を持っていることを認める資格となっています。フードマエストロは農業、漁業、流通など「食」に関する全般的な専門的な知識に対して行われている認定資格です。フードマエストロの活躍する場所は野菜や魚介類などの生産者のマーケティング支援などの地域での活動や、農業生産物を消費者に紹介するなどの活動を行ないます。