工業系資格一覧

   

 

【人気な工業系資格】
クリックすると資格、職業の詳細ページに移動できます。
↓クリックで開閉できます。


こちらでは、工業系の資格を紹介しています。
ボイラー技士や技術士など、専門的な知識を求められる職業が多いです。

 

ガンマ線透過写真撮影作業主任者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

鋳物や溶接部分の内部の欠陥を発見する検査では、ガンマ線装置が使われます。ガンマ線透過写真撮影作業主任者は、それら検査業務をおこなう際、管理区域ごとに選任される主任者です。

技術士(補)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

科学技術に関する高等な専門的応用力を持った質の高い技術コンサルタントです。一次試験合格者や合格に相当する者で登録を受けた者が「技術士補」です。また二次試験に合格し、登録を受けた者が「技術士」となります。

カスタムメカニックになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

カスタムメカニックとは、自動車やバイクのメンテナンス、事故による破損箇所の修理に加え、車の杭脳を拡張させることが大きな要素となる仕事です。デザインや車体構造に手を加えて、日本に一台しかないレアものを完成させたり、自動車メーカーの研究開発部門で新車種を試作するなど、ものづくりのセンスが求められます。取り組む作業も多い分、やりがいを多く感じる仕事です。「自動車整備士資格」が役立ちます。

ガス溶接技能講習資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

ガス溶接技能講習とは、可燃性ガスを利用して、金属をつなぎ合わせる「ガス溶接」を行うために必要な国家資格です。溶接の仕事を始めたいと思っている方は、この資格からチャレンジするのがおすすめです。

エクステリアプランナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

エクステリアプランナーとは、外壁や庭園などを含む家屋の外側全体(エクステリア)の設計・工事管理に関する専門知識と技術を有し、より快適な住環境や生活環境の向上を図るエクステリア工事のスペシャリストです。お客様の要望をお聞きして、プランナーとしての提案 を取り入れた エクステリア・ガーデンの設計、石材・コンクリートなどの材料の選別、工程や積算・原価管理などを行います。

石油学会溶接士技量検定資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

石油学会溶接士技量検定とは、石油工業関連の装置の溶接を行う技術者を対象に、知識と技能を認定する民間資格です。石油関連の一般構造物、圧力容器、配管等の溶接に携わることが可能であり、またガスの事業に関わる溶接を行うこともできます。今後も需要が見込まれる専門性の高い資格といえます。

浄化槽管理士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

浄化槽管理士とは、浄化槽管理者より委託されて、水質汚濁防止のために、浄化槽の保守・点検を行う国家資格です。ちゃんと勉強すれば合格できる資格だと言われていますが、近年合格率は21.5%とやや低いです。

浄化槽設備士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

浄化槽設備士とは、浄化槽の工事に関して、施工図の作成や管理・監督などの高度な知識・技能を有している国家資格です。この資格だけでは就職は難しいと言われています。講習を受ける場合、1級・2級管工事施工管理技術検定を取得してから受ける方が楽だと言われています。

計装士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

計装とは、測定装置や制御装置などを装備することです。計装士はその専門家です。計測制御機器の取付工事や、付随する配管および配線工事の設計・監督をおこないます。日本計装工事協会が実施する学科試験および実地試験に合格することで取得できます。

溶接管理技術者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

溶接管理技術者とは、溶接技術に関する技術知識と施工及び管理に関する職務能力を持多技術者の能力を認定する民間資格です。認証者の保有や常駐が、官公庁の工事発注の必須条件となりこともあり、業界でのニーズは常に求められています。将来性がある溶接管理技術者資格を取得するのはお勧めです。

1 / 212