医療・福祉・リハビリ系資格一覧

   

 

こちらは「医療・福祉系」の資格のページです。
医療系資格としては、昔から根強い人気のある「医師(医者)」「看護師」「薬剤師」や
看護職で一番人気の「保健師」といった人の健康・命に接する資格から、
「歯科医師(歯医者)」「歯科衛生士」などの歯科資格まで詳しく解説しています。
こういった医療系資格は、資格取得までの過程が厳しい分、待遇が恵まれているのが特徴です。
小さいときからの憧れの対象になることも多い職業ですね。
また、常に新しい技術が生まれていくので、いつまでも勉強が必要になる職業でもあります。

福祉・リハビリ系資格では、高齢者が増えてきた近年では需要が上がり続けている介護職や、身体に障害を抱えてしまった人を支える仕事などを紹介しています。
人気の「介護福祉士」や「ケアマネージャー」、「社会福祉士」「言語聴覚士」などの国家資格についても解説しています。
このような福祉に関する資格は、毎年需要も上がっておりその分目指す人も多くなってきているのが現状です。
今後も需要が高まるこれらの資格は、持っていて損はありません!

これらの資格取得までの勉強法・試験の合格率・試験概要などをまとめていますので、なるには?なるためには?とお考えの方は是非読んでくださいね。
順次コンテンツも増やしていく予定です。

 

養護学校教諭

養護学校教諭資格試験は文部科学省により実施されており、一般教員免許取得等一定の受験資格があります。年々採用ニーズが高まり受験者数も増えています。精神的にも肉体的にも大変ですが、非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

臨床心理士

臨床心理士の資格は毎年実施されています。受験資格が厳しく定められているので、まずは受験資格をクリアする必要があります。世間での需要は高まっていますが、まだ民間資格で確立されていません。しかし需要とともに将来性が期待できる資格となっています。

福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員は厚生労働省が運営し、各都道府県知事の指定を受けた研修機関が実施する講習を受講し取得できます。超高齢化社会において重要な役割を担うと共に、自分の家族に介護を必要とする人が出た場合にも非常に有用な資格といえるでしょう。

保護司

保護司は適任とされた人が法務大臣に任命されボランティアで活動します。犯罪や非行を犯してしまった人の更生・社会復帰の手助けをする重要な活動です。担当した対象者の成果が如実に現れる仕事でもありますので、非常にやりがいのある仕事といえるでしょう。

歩行指導員

歩行指導員資格試験は公益財団法人日本盲導犬協会が運営し、全国8ヶ所の盲導犬協会が独自の試験を行います。非常に専門性が高く、選考後も実習・インターン等取得に歳月がかかる資格ですが、仕事はやりがいのあるものといえるでしょう。

福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーター試験は、東京商工会議所が主催しており1~3級まであります。高齢者や障害者等誰もが安心して暮らしていける住環境を、あらゆる専門家と協議しまとめ実現させていく、これからの超高齢化社会に必要なやりがいのある仕事です。

赤十字救急法救急員

赤十字救急法救急員は、各都道府県の日本赤十字社支部が実施する講習を受け、修了試験に合格することで取得できます。災害時や事故発生時に適切な応急手当をし、専門の医師や救助隊に引き継ぐまでの重要な役割を担う仕事です。

赤十字水上安全法救助員

赤十字水上安全法救急員は、各都道府県の日本赤十字社支部が実施する講習を受け、修了試験に合格することで取得できます。水難事故を未然に防ぐ注意喚起をし、緊急事態が起きた際には冷静かつ確実に救助や応急手当を行う、非常に重要な仕事です。

福祉レクリエーションワーカー

福祉レクリエーションワーカーは、公益財団法人日本レクリエーション協会が講座と資格試験を主催しています。高齢者や障害者が施設などで楽しく快適に暮らしていけるよう、様々なレクリエーション等を企画し地域とのつながりも高めていく重要な仕事です。

ライフセーバー

ライフセーバーは特定非営利活動法人日本ライフセービング協会認定の講習会を受講すれば資格を取得することができます。水難事故を防ぐ重要な役割と共に、応急手当や救助法などの技術を有していることを証明することができますので、非常に役に立つ資格です。