理学療法士

理学療法士 資格 なるには

理学療法士は医師の指示のもと、事故の影響や筋力が弱っている高齢者や障がい者に対し、運動療法や物理療法といった理学療法を行う仕事です。国家試験の合格率は年によってばらつきがあり、70~80%程度となっております。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

理学療法士は幅広い年齢層の男女が目指せる、歩いて退院していく姿を見たときの嬉しさを感じられる仕事です。
理学療法士は他にもPT(Physical Therapist)と呼ばれています。

理学療法士

理学療法士ってどんな仕事?

医師の指示のもとに、事故の影響や筋力が弱っている高齢者や障害者に対し、運動療法や物理療法といった理学療法を行います。 義肢を付けて歩けるようにしたり、車イスをこげるようにしたりなど、日常生活が自立して行なえるように指導します。 また、家をバリアフリーにするために、改装計画を立てるアドバイスをするのも理学療法士の役割です。

理学療法士になるためには?

理学療法士をはじめとする国家試験は、記憶力でカバーできる部分もあれば、応用力を働かせなくてはいけない部分もあります。 しかし、まずは基礎的な部分をきちんと覚え、理解することが必須です。基礎が身についていない限り、応用的な問題を解くことはものすごく難しくなります。 なお、理学療法士になるには養成学校に通う必要がありますが、そこではたいていの場合、国家試験対策の科目も置かれています。 養成学校は将来的に国家試験に合格し、就職することを目指すための学校であるため、1年次から国家試験を見据えた講義が展開されていることも珍しくありません。 過去の国家試験の問題を分析し、傾向と対策、問題研究などを取り入れた講義を受けることができます。 そのため、基本的には、まず学校の講義を真面目に受けることが最も大切です。ここで気を抜いてしまうと、のちのち余計な苦労をすることになります。

理学療法士の専門学校(養成所)や通信講座について

準備中です。

理学療法士

理学療法士の仕事例・報酬相場

理学療法士の他の職業例

主な就職先は、病院、診療所、高齢者福祉施設など。そのほか、通院が難しいお年寄りなどを対象にサービスを提供する訪問リハビリテーション事業所も理学療法士の就職先の一つ。児童福祉施設や障害者福祉施設でもニーズあり。それぞれの職場で、医師やケアマネジャーなど他の専門家と連携して働くのが一般的だ。また、医療系・福祉系の就職先と比較すると数は多くないものの、フィットネスクラブやスポーツチームなどで活躍する例もある。
老人福祉施設
リハビリセンター
保健所
福祉関連相談所
病院
障害者福祉施設
障害児関連施設

理学療法士に向いている人

・体力
理学療法士は体の運動機能の回復を援助する仕事であるため、物理的に患者を支えなければいけません。
力作業になる場面も出てくることから、体力が求められます。女性の理学療法士多く活躍していますが、肉体労働であることの覚悟は必要です。しかし、決してスポーツ万能な体育会系である必要はありません。
・根気
リハビリテーションは非常に長い時間がかかると同時に、効果がなかなか表われないこともあります。忍耐力や根気が必要な仕事です。
・前向きさ
リハビリテーションは、患者にとって精神的にもつらい状態が続きます。
そうした状況で、患者を明るく励まし、前向きな気持にしてあげるのも大事なことです。
人と接するのが好きで、献身的であり、ポジティブな性格であることが望ましいでしょう。

理学療法士と同じ分野の他の職業

作業療法士,言語聴覚士

理学療法士の給料相場

厚生労働省の平成27年賃金構造基本統計調査によると、理学療法士および作業療法士の平均年収は31.5歳で約405万円となっています。
・平均年齢:31.5歳
・勤続年数:5.3年
・労働時間:162時間/月
・超過労働:5時間/月
・月額給与:284,000円
・年間賞与:639,900円
・平均年収:4,047,900円

理学療法士の現状

理学療法士は、リハビリテーションの専門職として注目度の高い職業であり、社会的にもしっかりとした地位が確立されています。 こうしたことから、理学療法士になりたいと思っている人は多くいます。実際、理学療法を専攻できる学校の数も伸びており、多くの人が国家資格の取得を目指せる時代になってきました。決して資格をとるための勉強が楽というわけではありませんが、窓口が広がっているため、結果的に資格を取る人が多くなっているのが、現在の理学療法士の実情です。これは一見すると良いことに見えますが、少しだけ不安要素もあります。それは、有資格者がそれだけ多くなったことで、以前よりも就職・転職が厳しくなりつつあるからです。この先、ずっと理学療法士の数が増えていくとなれば、就職が厳しくなることも考えられます。

理学療法士の将来性

高齢化の進展に伴い、リハビリを必要とするお年寄りが増加。介護が必要な状態にいたる前に身体機能の低下を防ぐ予防リハビリ、さらに訪問リハビリなども広がってきており、理学療法士へのニーズは増えている。スポーツ分野でも、理学療法の手法を取り入れたケガの応急処置やコンディショニングに目を向けるチームや選手が徐々に増えており、理学療法士の新たな活躍の舞台として期待されている。一方で理学療法士の数も増えているので、仕事を得るには確かな知識・技術を身につけることが大切です。

理学療法士の独立について

理学療法士は、基本的に開業することができません。それは、理学療法士には開業権がなく、医師の指示の下で施術をすることが義務付けられているからです。もし、理学療法士の国家資格を持ったうえで開業もしたいという場合には、理学療法士ではない形で開業を考える必要があります。理学療法士は「開業」はできませんが、事業として「起業」をすることはできます。その方法としては、訪問看護ステーションやデイサービスを立ち上げるというものです。 訪問看護ステーションでは看護師が管理者として必須であり、デイサービスでも定員が10名以上になるときは看護師が必要ですが、この条件を満たせば理学療法士が事業を行うことができます。

コメントを残す

*

*