アート・音楽系資格一覧

   

 

ピアノ調律技能士などの、アート・音楽系資格を一覧で紹介しています。
こちらのアート・音楽系資格一覧では、「ピアノ調律技能士(ピアノ調律師・一級ピアノ調律技能士・二級ピアノ調律技能士)」などの資格を紹介していきます。
資格についてや資格の取り方・試験の難易度・合格率など、資格の取得までをサポートいたします。
ピアノメーカーや調律センター、ピアノ教室のスタッフとしての就職先があります。一級を取るには実務経験が必要ですが、二級・三級は養成学校在学中の取得が可能です。
近年では子どものピアノ離れも進み、昔ほどピアノは身近な存在ではなくなってしまったようですが、まだまだピアノ調律技能士の資格は新しいもの。
2011年に国家資格として登場しました。今後も重宝していくこと間違いなしです!

 

パターンメーキング技術検定

デザイン画から型紙を起こすパターンメーキングの技術は、完成する洋服のよしあしをもっとも左右すると言われるほど重要なテクニックです。パターンメーキング技術検定は、その技能を認定する民間の検定試験。キャリアアップに役立つのはもちろん、自分の技術のレベルを測るのに最適な検定です。

繊維製品品質管理士

繊維製品品質管理士は「繊維のプロ」と言われるもので、民間資格になります。服の商品開発・企画・製造・販売・消費者の問題解決・品質管理など一つの資格でファッションのほぼすべてのスキルを身につけれる資格になっています。

テキスタイルアドバイザー

テキスタイルデザイナーは、服飾やインテリアなどをデザインする仕事です。染色方法、デザイン、加工方法を企画する専門職で、服に関する深い知識が必要とされます。大学の工芸学科やデザイン学科、服飾やインテリアのデザイン専門学校などで学んだ人がこの仕事に就くケースが多くなっています。

レタリング技能検定

レタリングは「letter」のing形で、元来は「文字を書く」という意味ですが、現在ではデザイン文字の作成を意味します。身の回りに満ち溢れているデザイン文字すべてがレタリングであり、現代人にとってレタリングを目にしない日はないほどです。レタリング技能検定はその技術を認定する民間の検定試験(文部科学省後援)であり、初心者からプロまで幅広くレタリングの技能を試すことができます。

色彩検定(A・F・T)

色彩検定は認知度・信用度が高いため、デザイナーと呼ばれる人たちだけではなく、様々な業種でセンスを問われるので販売、企画、事務といった職種の人達をはじめ一般社会人でも持っていると優遇されることが多くあります。センスを磨くために趣味で取得する人も多いそうです。

校正技能検定

校正とは誤字脱字などの不備を定性する仕事のことです。校正検定は主に出版業界で必須となることもあり、非常に重要な資格です。近年では、業務のデジタル化やDTP化に伴い、校正の能力を活かせる場も増えており、非常に有意義な資格となっています。

POP広告クリエーター

POP広告クリエイターは、買い手の購買意欲を把握し、効果的に商品を公告するためにレタリング、レイアウトデザインをするお仕事です。POP検定ではPOP広告に関する知識やノウハウに加え、デザインの美的センスも問われ、知識とセンスの両方が必要となります。

舞台機構調整技能士

音響機構調整技能士とは、舞台やコンサート、ライブなどで音響設備を調整する方のことです。この資格を取得するためには筆記試験に加え、実技試験と一定期間以上の実務経験が必要です。この資格は国家資格で、音響設備に携わる仕事では必須の資格といえます。

音響技術者

音響技術者 資格

音響技術者はミキサーと呼ばれ、録音して音を記録として残したり、スピーカーを通して音を大きくする仕事でライブなどの音作り、映像に音をつける仕事で映画やドラマなどの効果音作りをします。

映像音響処理技術者

映像音響処理技術者 資格

映像コンテンツの制作において、映像の特殊効果や、感情や臨場感を与える音響処理を行うポストプロダクション業務において、知っておくべき基礎知識を評価する試験です。この資格取得により、より良質なコンテンツ制作が可能となります。