アート・音楽系資格一覧

   

 

【人気なアート、音楽系資格】
クリックすると資格、職業の詳細ページに移動できます。
↓クリックで開閉できます。


ピアノ調律技能士などの、アート・音楽系資格を一覧で紹介しています。
こちらのアート・音楽系資格一覧では、「ピアノ調律技能士(ピアノ調律師・一級ピアノ調律技能士・二級ピアノ調律技能士)」などの資格を紹介していきます。
資格についてや資格の取り方・試験の難易度・合格率など、資格の取得までをサポートいたします。
ピアノメーカーや調律センター、ピアノ教室のスタッフとしての就職先があります。一級を取るには実務経験が必要ですが、二級・三級は養成学校在学中の取得が可能です。
近年では子どものピアノ離れも進み、昔ほどピアノは身近な存在ではなくなってしまったようですが、まだまだピアノ調律技能士の資格は新しいもの。
2011年に国家資格として登場しました。今後も重宝していくこと間違いなしです!

 

ディスプレイデザイナー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

空間ディスプレイデザインは、デザイナーとして陳列・色彩・照明等の知識や技術が問われる民間資格です。店舗やイベント会場等の空間スペースデザインで魅力ある店づくりを目指すのに必須の資格といえます。デザイン会社やアパレル等での就職にも役立ちます。

テーブルコーディネーター資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

2008年まで、テーブルコーディネーターという資格でした。食卓を囲んで皆で食を愉しみ、会話をはずませ、心を通い合い、絆を深めることは、単にテーブルの上だけでなく、食空間全体が「おもてなしの気持ちに満ち溢れたしつらえ」であることから、現在の食空間コーディネーターへ名称変更となりました。

サウンドレコーディング技術認定試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

プロのレコーディングエンジニアとして働くには、「音楽的な素養」というソフト面と「機器操作・技術的な素養」というハード面の両方をバランスよく修得しておくことが大切になります。サウンドレコーディング技術認定試験は、この両面を基礎から学び、日本音楽スタジオ協会において、優秀で感性豊かなエンジニアを育成するために誕生しました。

広告美術仕上げ技能士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

広告美術仕上げ技術士は、広告の制作や自然の風雨にさらされてすぐに朽ちてしまわないように広告を加工したりすることができる国家資格です。この資格の合格率は1級が約10、2級が約24%、3級が約66%となっており、3級は非常に取得しやすくなっています。

エディトリアルデザイナーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

エディトリアルデザイナーの仕事は、書籍のデザインです。書籍として見やすく、読みやすいデザイン、可読性の高いフォントの選定、写真やイラストの詳細などを、打ち合わせを通して多数のスタッフと意見を交わしながら決定していきます。

アートディレクターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アートディレクターは基本的には制作の実作業は行いませんが、時にはデザイナーとして制作に直接関わる場合もあります。しかし、アートディレクターに求められているのはあくまでも全体の管理です。制作スタッフ一人一人の進捗を確認し、基本コンセプトに合った内容になっているかどうかを判断します。

イラストレーターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

イラストレーターとは、依頼主の要望に応じてイラストを描く仕事です。イラストレーターになるために必要な資格はありません。なりたいと思えば、だれでもなれる職業だといえます。

マニュピレーターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

マニュピレーターとは、ゲーム音楽やアニメ、映画などのサウンドをつくる仕事です。この仕事をするうえで必須の資格はありませんが、作曲能力やソフトを使いこなす力が必要になります。

サウンドクリエイターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

作曲や効果音、サウンド制作や声優さんとのやり取りなどの声や音声などの加工を行う仕事です。近年では、作曲家のこともサウンドクリエーターと呼ばれることもあります。

キャラクターデザイナーになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

キャラクターデザイナーは、ゲームやアニメなどのキャラクターをデザインする仕事です。単に絵を描くということではなく、まったくゼロの状態からキャラクターそのものを作り出す場合もあるので、豊かな想像力が求められます。

1 / 41234