航空・船舶・通信の資格一覧・職業一覧【49選】

こちらは航空・船舶・通信の資格一覧・職業一覧ページです。


航空系・船舶系の資格情報は「事業用操縦士」「航空特殊無線技士」を中心に、資格取得方法や試験日・難易度・合格率・勉強方法などをまとめています。


また、「パイロットになるには」などの人気の職業になる方法や詳しい仕事内容などの情報も掲載しています。航空・船舶系の職業といえばパイロットや航海士など、男性を中心に人気の職業が多く存在します。


子供の頃の憧れから、パイロットや航海士などを目指す方も多いと思いますが、多くの人を乗せて空を飛んだり海を渡ったりする非常に責任が重く重要な資格になります。


就職するには確かな知識や技術が必要となる、ハイレベルで難易度の高い資格も多いです。


クリックすると資格、職業の詳細ページに移動できます。


コスパ良く資格をGET!

メディパートナーバナー

比べて選ばなきゃ損!!
有名なスクールから実は穴場の超おすすめ通信講座まで、67,000以上もの情報から客観的に比較してあなたにピッタリな講座を選べる!!

資料はすべて無料で、たった1分の簡単な基本情報の入力で一括資料請求可能!!

簡単!無料資料請求はこちら

【航空・船舶・通信の資格一覧・職業一覧】

  • シーエー

    CAの給料は安い?人気の職業であるCAの給料事情をご紹介

    公開日:2019年6月21日

    218 Views

    今回はCAに関して、一般的に安いと言われているCAの給料事情についてまとめました。CAとして働く上で知っておくべきもらえる手当や手取り額、またやりがいや苦労についても紹介します。

  • 陸上無線技術士

    陸上無線技術士1級の合格率や試験の難易度についてご紹介

    公開日:2019年6月17日

    313 Views

    今回は陸上無線技術士について、1級の試験の合格率や試験の難易度についてまとめました。そもそも陸上無線技術士とはどんな職業なのか、また将来なることを目指している方は必見です。

  • 国内線のパイロットの年収は、機長と副操縦士でどう違う?

    公開日:2019年5月15日

    381 Views

    パイロットとして活躍する機長と副操縦士では、もらっている年収にどのくらいの差がある?国内線と国際線の航空でも違いがあるのか、また、一番年収が多い航空会社はどこなのかも要チェックです!

  • 客室乗務員

    客室乗務員になるには身長は関係ある?気になる年収もご紹介

    公開日:2019年5月11日

    205 Views

    今回は客室乗務員になるにはどのような方法があるのか、気になる年収も含めてまとめました。また、身長が低いと採用されないという噂についても明らかにしていきたいと思います。

  • パイロットになるには

    パイロットになるには?学校や費用、年齢制限について徹底解説

    公開日:2019年4月3日

    306 Views

    高収入が見込めるとして人気の職業である「パイロット」。パイロットになるにはどのような学校へ行き、どのような資格を取れば良いのでしょうか?その他、必要な費用や年齢制限についても解説しています。

  • 無線従事者免許

    無線従事者免許を取得するには資格試験が必要?難易度はどのくらい?

    公開日:2019年4月30日

    930 Views

    無線従事者免許を取得するためには資格試験が必要ですが、試験を免除することも可能です。今回は、そんな無線従事者の資格を取得するための試験の内容や難易度を詳しく解説します。

  • 航海士

    航海士は階級によって何が違う?特殊な生活や年収、休暇の詳細も

    公開日:2019年4月19日

    385 Views

    ”航海士”は船が安全に航海できるように、船員の指揮を執っています。航海士になるには階級が存在しますが、生活や年収に何らかの違いはあるのでしょうか?特徴的な勤務と休暇についても解説します。

  • 航海士と機関士の違い

    航海士と機関士の違いとは?船舶職員の資格についても検証

    公開日:2019年4月19日

    671 Views

    国家資格に合格して『海技士免許』を取得すると”航海士”や”機関士”になることができます。では、この2つの職業の違いとは?また、「船舶職員」になるための資格はどのようにして取るのかも見ていきましょう。

  • ディスパッチャーになるには

    ディスパッチャーになるには?受験資格や難易度、仕事内容も

    公開日:2019年4月18日

    543 Views

    ディスパッチャーは『運航管理者』とも呼ばれ、航空機のフライトプランを作っています。ディスパッチャーになるには国家資格を受験しなければなりませんが、どのくらい難易度が高いのでしょうか?必要な受験資格や、仕事内容もご紹介します!

  • グランドスタッフ

    グランドスタッフのやりがいとは?必要なスキルや将来性もご紹介

    公開日:2019年4月16日

    292 Views

    今回はグランドスタッフに関して、仕事のやりがいや英語などの必要なスキルについてまとめました。また、グランドスタッフの求人や将来性も紹介するのでぜひ参考にしてください。

  • 航海士になるための学校

    航海士になるには?気になる学校、資格、年収を解説します!

    公開日:2019年3月27日

    686 Views

    航海士という職業は、海が好きな人や船が好きな人なら憧れる職業の1つです。恵まれた福利厚生や高待遇であることも人気の理由です。今回は航海士になるには?学校、資格、仕事内容、年収を解説していきます!

  • パイロット

    パイロットになるにはどんな試験?なるまでの期間や難易度も

    公開日:2019年3月22日

    644 Views

    パイロットは旅客機を巧みに操縦し、人や貨物を目的地まで運ぶのが仕事です。そのパイロットになるにはどのくらいの期間がかかるのでしょうか?試験の難易度や気になる航空大学校の倍率についてもご紹介します!

  • 船橋当直3級海技士(機関)

    船橋当直3級海技士(機関)資格取得の難易度は?

    公開日:2018年9月5日

    831 Views

    船舶機関士は船の機関部で、各種機器の管理を行う技術者です。最高責任者である機関長の指示に基づき、数人の機関士とともに主機関(エンジン)、発電機、ボイラーなどを管理し、正常運転の維持に努めます。主な仕事は、出入港時のエンジンの操縦や航海中の運転状況の確認など。各種の計測装置を読み取り、機関室の機器の状態を定期的にチェックしてつねに現況を把握します。荒天や非常時には船長や機関長の指示に従って行動。自らの判断による措置は必ず機関長に報告します。また、停泊中に次の航海に備えて各機関の整備を行い、燃料や消耗品などを補給するのも仕事のひとつです。

  • 定期運送用(飛行機・回転翼)

    定期運送用(飛行機・回転翼)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年9月26日

    726 Views

    航空業務を行う人は、国土交通大臣の航空従事者技能証明(ライセンス)を受けなければなりません。操縦士になろうとする場合、通常「自家用操縦士」の資格から順次上位の資格を取得し「定期運送用操縦士」の資格を取得していくことになります。報酬を受けて操縦士としての業務に従事する場合は、少なくとも事業用操縦士の資格が必要となります。 更に、路線を定めて定期に運航している日本航空、全日本空輸等の定期便の機長となるには、操縦士の中で最上位の定期運送用操縦士の資格が必要となります。航空機乗組員が航空機に乗り組んで航空業務を行う場合、技能証明書と航空身体検査証明書の両方を所持しなければなりません。電波法に基づく無線従事者の資格も必要です。

  • 船橋当直3級海技士(航海)

    船橋当直3級海技士(航海)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年9月26日

    1460 Views

    船橋当直3級海技士とは船舶の甲板部で当直で監視を行なう船員を指します。この船橋当直3級技士(航海)の役割は船を安全に航海するために気象や視界、周囲の状況などの監視を行なっています。船橋当直3級海技士(航海)資格の取得には「海技士国家試験」を受ける必要があります。筆記試験、身体検査、口述試験に合格後、海技士免許講習が義務付けられています。

  • 内燃機関海技士(機関)

    内燃機関海技士(機関)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年9月26日

    1684 Views

    機関士は各種機器の管理と操縦を行います。機関部の最高責任者である機関長の指揮下のもと、船舶の航海にあたり重要な役割をなす機器の操縦を行います。機関士は外航・内航のどちらの航行区域でも活躍することができます。船の心臓部となるエンジンをはじめ、船を動かすプロペラ、発電機、ボイラーといった機器の操縦と保守を一手に引き受けるエンジニアです。

  • 船舶に乗り組む衛生管理者

    船舶に乗り組む衛生管理者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年9月26日

    2889 Views

    船舶に乗り組む衛生管理者は、船舶の労働環境・衛生環境を整えて、管理指導する衛生管理者のことをさします。陸を離れた海上で、船員や乗客の健康管理を預かるため、一部の医療行為が認められています。各国の港に入る際は検疫の立ち合いや水質検査、害虫駆除等にも対応します。最低限の限られた設備で様々な症状に対応するため、常に勉強と臨機応変な対応が求められます。船舶の所有者は必ず衛生管理者を指定しなければなりません。また、勤務場所が海上ということから、勤務スケジュールは連続勤務と長めの休暇が続くことになります。

  • 船内荷役作業主任者

    船内荷役作業主任者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年9月10日

    1655 Views

    船内荷役作業主任者とは船内での荷役業務を行なう上で必要な資格です。船内の荷役とは船舶に荷物などの積み込みや積み下ろしなどを指しています。船内の荷物を様々な装置を利用して移動させるための責任者として作業に当たる場合には、「船内荷役作業主任者」の資格が必要です。この資格を取得するには定められた講習を受け、その後に行なわれる修了試験に合格することで資格を得ることができます。揚貨装置の運転の業務に関する安全のための特別の教育を受けた者は、制限荷重が5tを超える揚貨装置の運転の業務に就くことができます。船舶関係の仕事をしている方は、自身のキャリアアップや他の船舶関係の資格を合わせてスキルアップを図るためにも有効な資格といえます。

  • 潜水士

    潜水士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年8月31日

    1459 Views

    潜水士資格は、水(海)中での事故を未然に防ぐことをねらいとした国家資格で、この国家資格をもって活躍できる職業は多岐にわたります。娯楽で楽しむダイビングなどは、これにあたりません。消防士、警察官、水産漁業組合、海上保安庁、サルベージ、水産・商船大学、高校をはじめ、多くの就職先があります。資格の取得は合格率が70~80%と比較的容易ですが、取得して就労してからは各人の体力、精神力、命もかかる職務になるため、決して容易な職業ではありません。

  • 船舶・航空

    航空保安大学校学生資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年6月4日

    2544 Views

    航空保安大学校学生とは航空情報科と航空電子科の2つに分かれており、試験に合格すると、2年間研修生として様々な勉強をする国家資格です。航空情報科の卒業生は、運行情報官や航空管制通信官などになることができます。航空電子科の卒業生は、航空管制技術官になることができます。

  • 航空特殊無線技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年6月4日

    3994 Views

    航空特殊無線技士とは、国内限定の自家用機や農薬散布などの航空機の無線設備を操作する国家資格です。特殊無線技士の資格は、ほかの無線通信士等の下位資格となっています。その分、難易度が低く取りやすいのが特典とも言えます。

  • 海事代理士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年6月4日

    4570 Views

    海事代理士とは、クライアントからの依頼に応じて、行政機関に提出する書類の作成、申請を行う国家資格です。資格に合格しても、海事代理士法第3条に規定する欠格事由に該当する方は、海事代理士の登録ができません。

  • 救命艇手とはどんな資格?試験の難易度や必要な講習等を調査しました

    公開日:2018年5月31日

    1349 Views

    救命艇手とは、旅客船の事故に備え、救命艇の整備や管理をする国家資格です。今回は「救命艇手になるにはなにが必要なのか」という点についてわかりやすくまとめました。試験情報や試験の難易度、必要な講習などについても詳しくご説明いたします。

  • 海技士(通信・電子通信)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月31日

    1708 Views

    海技士(通信・電子通信)とは、地上との無線交信や気象通報の受信などの情報収集や、インサルマット無線設備などを通して、ほかの船舶や地上と交信する国家資格です。主に無線部で活躍します。

  • 海技士(機関)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月31日

    2004 Views

    海技士(機関)とは、エンジン、発電機、冷凍機、クレーン、ウインチなど船内にあるさまざまな機器の管理・点検を行う国家資格です。主に機関部で活躍します。

  • 運航管理者(ディスパッチャー)になるには?難易度や合格率・年収

    公開日:2018年5月31日

    3202 Views

    運行管理者(=ディスパッチャー)になるには、運行管理者技能検定の学科試験に合格し、その後の実地試験も合格しなければなりません。試験の難易度や合格率などはどれほどでしょうか?また、航空会社での年収はどの程度までアップするのでしょう?

  • 海技士(航海)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月31日

    4073 Views

    海技士(航海)とは、船の手入れや出入港時の諸作業などを行う国家資格です。主に甲板部で活躍します。

  • 航空無線通信士

    航空無線通信士試験の難易度や合格率・試験日・勉強方法・申し込み方法

    公開日:2018年5月31日

    6250 Views

    航空無線通信士の試験の難易度や合格率、申し込み方法・免除システムなどまとめています。航空無線通信士は航空機の無線設備の通信操作を行う国家資格で、航空業界で働く人は取得しておきたい資格です。航空無線通信士の資格の詳細をご覧ください。

  • 航空機関士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月30日

    1604 Views

    航空機関士とは、航空機が安全に飛行を行えるように、航空機内で機体やエンジン、燃料などの点検管理を行う国家資格です。航空機の機器類の電子化が進むにつれ、航空機関士の仕事は激減しました。なので、この資格を取得後航空機関士として就職することは難しいですが、仕事の幅が広がるため、取得しておいて損はないでしょう。

  • 航空工場検査員資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月30日

    1993 Views

    航空工場検査員とは、航空機の検査、確認、製造証明などの知識及び技能に関わる事務を担当するお仕事です。とても重大な使命を持った職業なので、責任感がある方に向いている資格だと言えます。

  • 航空整備士-eyecatch

    航空整備士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月30日

    3471 Views

    航空整備士は、1等と2等の2つの種類がありそれぞれ扱える機体の種類や重量が異なります。命を預かる職の資格であるため難易度も高い資格です。この記事では航空整備士の最新試験情報に加え、給料・年収、専門学校情報についてまとめています。

  • アマチュア無線技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月30日

    9456 Views

    アマチュア無線技士は国家資格であるが、難易度は低く小学生や中学生でも受験可能です。1級から4級まであり、上級にいくにしたがって、無線の取り扱える幅がひろがっています。業務独占で、免許がないとアマチュア無線を取り扱いことはできないので必須であるが、近年のデジタル化に伴いアマチュア無線技士として就職することは稀な状況です。

  • 自家用(飛行機・回転翼)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月24日

    1104 Views

    自家用操縦士(飛行機・回転翼)は、飛行機と回転翼(ヘリコプター)の操縦を事業目的以外で行なえる国土交通省が認定する航空従事者の資格です。趣味として自家用機操縦をするために資格を得ようという人が取得を目指すものです。

  • 自家用(滑空機・飛行船)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月24日

    1394 Views

    自家用操縦士は、滑空機 (グライダー) と飛行船の操縦を事業目的以外で行うための国家資格です。特に滑空機は日本でもスポーツとして広まってきています。そのため、趣味のために取得する需要が高い資格であると言えるでしょう。

  • ドローン操縦士になるには?必要な資格や費用は?

    公開日:2018年5月24日

    1395 Views

    ドローン操縦士になるにはどうしたらいいのでしょうか?必要な資格や取得のためにかかる費用、パイロットスクールなどの情報をご紹介します。また、日本における今後のドローンの需要・将来性についても語っております。

  • 事業用(滑空機・飛行船)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月24日

    1518 Views

    事業用操縦士とは、遊覧目的や報道目的、農業での農薬散布など事業を目的として滑空機・飛行船の操縦をするための国家資格です。受験には、一定の飛行経験や航空知識が必要となります。

  • 事業用(飛行機・回転翼)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月24日

    1664 Views

    事業用操縦士は、報道・遊覧・航空写真・農薬散布・救急搬送などの事業を目的として、飛行機およびヘリコプターの操縦をするために必要な資格です。受験には一定の飛行経験や航空知識が必要となるので、航空大学校等の養成機関で学ぶのが一般的です。

  • 水先人資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月24日

    2115 Views

    水先人は、船舶が安全に入港できるように水路を案内する仕事です。衝突などの事故が起きやすい危険な水域で重要な任務を果たします。水先人は、全国35の水先区で活躍しています。受験には、養成施設で課程を修了したり乗船経験があることが条件となります。

  • 特殊小型船舶操縦士免許資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    公開日:2018年5月21日

    2648 Views

    水上オートバイは陸の3倍ともいわれるスピードを出します。海の上からしか行けない場所にも簡単に行けるようになる小回の良さも水上バイクの魅力です。合格率も高く、取得しやすい免許なので、マリンスポーツへの挑戦を考えるなら、取得しておいて損はないでしょう。

  • 小型船舶操縦士資格取得の難易度は?試験情報・年収・給料・報酬相場を分析

    公開日:2018年3月13日

    3694 Views

    取得していれば仕事に直結するというよりは、海で運転ができるので非常に趣味の世界が広がる資格です。また結構認知度も高く人に自慢ができたりする資格です。幸いなことに教習所もありますので人生の幅を広げるために取得してみるのも損はありません。

  • ヘリコプター

    ヘリコプター操縦免許の取得方法は?仕事内容と給料も調べてみた

    公開日:2018年10月2日

    2064 Views

    ヘリコプター操縦免許に興味はありませんか?ヘリコプター操縦は趣味として楽しむこともでき、仕事にすれば高い給料が望める夢のある資格です。試験内容は難しく取得には長期間の勉強が必要ですが、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • 航空運航整備士になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

    公開日:2017年4月20日

    6455 Views

    航空運航整備士の資格は数種類に分かれており、資格によって整備ができる飛行機の種類が違ってきます。資格をたくさん取れば取るほど、自分のができる仕事が増えていくので非常にやりがいのある仕事と言えます。

  • 事業用操縦士(パイロット)になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

    公開日:2017年4月20日

    9570 Views

    事業用操縦士(飛行機)とは、農薬散布やメディア空撮、遊覧飛行などで使用する飛行機や、エアラインの副操縦士など、幅広い目的で飛行機に乗務できる資格です。受験には一定の飛行経験や航空知識が必要なので、航空大学校等の養成機関で学ぶのがお勧めです。

  • 海上無線通信士になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

    公開日:2017年4月20日

    12008 Views

    現代社会では、無線による通信技術はなくてはならないものであり、そのため海上無線通信士を含む無線通信士の仕事がなくなってしまうことは決して無いでしょう。国際的にも評価が高く、非常に魅力的な資格となっています。

  • 総合無線通信士試験の難易度や受験資格・合格率・過去問勉強法まとめ

    公開日:2017年4月20日

    28881 Views

    総合無線通信士の試験を受けるには受験資格はあるのでしょうか?総合無線通信士試験の難易度は非常に高く合格率も極めて低い試験となっています。今回は総合無線通信士になるために必要な勉強法や過去問、試験免除などの情報をまとめました。

  • 航空工場整備士になるには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

    公開日:2017年4月18日

    4623 Views

    航空工場整備士は飛行機を構成するパーツの整備を行うお仕事です。飛行機の整備後の最終確認なども行い、非常に専門性が高く責任重大な役割となっています。航空整備のスペシャリスト的存在でハイレベルな知識と技術を要求され、航空工場整備士の資格は国家資格となっています。

  • 1等航空整備士・2等航空整備士になるには?難易度や合格率・年収まとめ

    公開日:2017年4月18日

    13163 Views

    空の安全を守る仕事が航空整備士は1等と2等という種別があり、その中でもまたそれぞれ2種に分かれます。航空整備士になるには難易度が高いというのは本当なのでしょうか?受験資格や合格率、業務範囲や年収について詳しく解説します。

  • ドローン操縦って免許が必要なの?気になる資格について大解説!

    公開日:2017年3月24日

    1852 Views

    最近、何かとニュースを騒がせている「ドローン」。離島へ配達、排ガス規制などから、未来のためにドローン導入に向けた動きが進んでいます。「宅配ピザもドローンで配達される日が来るかも!?」そんなドローン操縦には、免許は必要なのでしょうか?気になる資格について解説します。

  • ラジオ 音響 技能検定 資格

    ラジオ・音響技能検定を取るには?難易度・仕事内容・合格率・給料相場

    公開日:2017年2月8日

    4586 Views

    ラジオ音響技能検定は、エレクトロニクス・オーディオの知識と技能を評価する試験です。2015年の試験を最後に現在は休止となっていますが、上級を取得すれば、専門的な電気知識をもつため、家電メーカのエレクトロニクス部門への就職や転職に有利となる資格です。