船舶・航空系資格一覧

   

 

【人気な船舶、航空系資格】
クリックすると資格、職業の詳細ページに移動できます。
↓クリックで開閉できます。


こちらは、船舶や航空に関する資格を紹介しているページです。
普通だとなかなか携わることのできない仕事でも、資格を持っていれば別の話です。
事業用の滑空機や飛行船運転、潜水士などなかなか物珍しい資格が並びます。
空や海を渡る乗り物なので、もちろん簡単に取得できるようなものではありませんが、
そのぶん取得し自分が携わる達成感は大きいでしょう。
興味のある方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

海事代理士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

海事代理士とは、クライアントからの依頼に応じて、行政機関に提出する書類の作成、申請を行う国家資格です。資格に合格しても、海事代理士法第3条に規定する欠格事由に該当する方は、海事代理士の登録ができません。

航空特殊無線技士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

航空特殊無線技士とは、国内限定の自家用機や農薬散布などの航空機の無線設備を操作する国家資格です。特殊無線技士の資格は、ほかの無線通信士等の下位資格となっています。その分、難易度が低く取りやすいのが特典とも言えます。

航空保安大学校学生資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

航空保安大学校学生とは航空情報科と航空電子科の2つに分かれており、試験に合格すると、2年間研修生として様々な勉強をする国家資格です。航空情報科の卒業生は、運行情報官や航空管制通信官などになることができます。航空電子科の卒業生は、航空管制技術官になることができます。

救命艇手資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

救命艇手とは、旅客船の事故に備え、救命艇の整備、管理をする国家資格です。緊急時に役立つ資格です。緊急時に、誰よりも冷静に立ち振る舞わなければいけない資格となっています。何かあったときには自分の命を顧みず乗客や乗員を守る勇気を持っている方こそ、この資格の適性があります。取得後、5年ごとに更新が必要となります。

航空無線通信士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

航空無線通信士とは、航空機の無線設備、航空局、航空地球局、航空機のための無線運行局などの無線設備の通信操作を行う国家資格です。この資格のみで働くことが少ないため、就職する場合は他の資格も取得することもお勧めの資格となっています。

海技士(航海)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

海技士(航海)とは、船の手入れや出入港時の諸作業などを行う国家資格です。主に甲板部で活躍します。

海技士(通信・電子通信)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

海技士(通信・電子通信)とは、地上との無線交信や気象通報の受信などの情報収集や、インサルマット無線設備などを通して、ほかの船舶や地上と交信する国家資格です。主に無線部で活躍します。

運航管理者資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

運航管理者とは、航空機のフライトプランを作成する国家資格です。ディスパッチャーと呼ばれます。航空運送事業において必要不可欠な存在となっています。必須ではありませんが、気象予報士の資格を持っていたり高い英語力を有していると、就職するうえで有利に働くことがあるかもしれません。

海技士(機関)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

海技士(機関)とは、エンジン、発電機、冷凍機、クレーン、ウインチなど船内にあるさまざまな機器の管理・点検を行う国家資格です。主に機関部で活躍します。

航空整備士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

航空整備士とは、国土交通省による国家資格です。扱える航空機の種類によって、資格が分かれており、より上位の資格取得を目指して勉強は続きます。志の高い航空整備士のチームワークによって、空の安全は保たれています。

1 / 3123