船舶・航空系資格一覧

   

 

こちらは、船舶や航空に関する資格を紹介しているページです。
普通だとなかなか携わることのできない仕事でも、資格を持っていれば別の話です。
事業用の滑空機や飛行船運転、潜水士などなかなか物珍しい資格が並びます。
空や海を渡る乗り物なので、もちろん簡単に取得できるようなものではありませんが、
そのぶん取得し自分が携わる達成感は大きいでしょう。
興味のある方は、ぜひご覧になってみてくださいね。

 

航空運航整備士になるには

航空運航整備士の資格は数種類に分かれており、資格によって整備ができる飛行機の種類が違ってきます。資格をたくさん取れば取るほど、自分のができる仕事が増えていくので非常にやりがいのある仕事と言えます。

事業用操縦士になるには

事業用操縦士(飛行機)とは、農薬散布やメディア空撮、遊覧飛行などで使用する飛行機や、エアラインの副操縦士など、幅広い目的で飛行機に乗務できる資格です。受験には一定の飛行経験や航空知識が必要なので、航空大学校等の養成機関で学ぶのがお勧めです。

航空工場整備士になるには

資格を取ってからも、航空工場整備士としての知識や技術はやればやるだけ磨かれていくため、常に成長意欲と向上心を持つことも大切です。どんどんスキルアップしたいと思える人には、最適の仕事といえるでしょう。

航空整備士になるには

1等・2等航空整備士は国土交通省による国家資格で、受験には実務経験が必要です。扱える航空機の種類によって資格が分かれており、より上位の資格取得を目指して勉強は続きますが、志の高い航空整備士のチームワークによって、空の安全は保たれています。