定期運送用(飛行機・回転翼)資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-09-26

公開日:2018-09-26

定期運送用(飛行機・回転翼)

航空業務を行う人は、国土交通大臣の航空従事者技能証明(ライセンス)を受けなければなりません。操縦士になろうとする場合、通常「自家用操縦士」の資格から順次上位の資格を取得し「定期運送用操縦士」の資格を取得していくことになります。報酬を受けて操縦士としての業務に従事する場合は、少なくとも事業用操縦士の資格が必要となります。 更に、路線を定めて定期に運航している日本航空、全日本空輸等の定期便の機長となるには、操縦士の中で最上位の定期運送用操縦士の資格が必要となります。航空機乗組員が航空機に乗り組んで航空業務を行う場合、技能証明書と航空身体検査証明書の両方を所持しなければなりません。電波法に基づく無線従事者の資格も必要です。


定期運送用(飛行機・回転翼)は満21歳以上の男性が多いが目指せる、昔から人気が高い資格です。
定期運送用(飛行機・回転翼)資格取得者は他にもパイロット(操縦士)と呼ばれております。
定期運送用(飛行機・回転翼)の資格は「民間資格」です。

資格広場は、定期運送用(飛行機・回転翼)になるには?定期運送用(飛行機・回転翼)なるためには?定期運送用(飛行機・回転翼)になりたいを応援しております。

定期運送用(飛行機・回転翼)になるために必要な知識・受験資格

専門知識と熟練の技術はもちろん、トラブルが発生した場合にもは適切な判断と対処が求められます。英語が話せることがパイロットの条件ではありませんが、ある程度の理解力は必要です。

定期運送用(飛行機・回転翼)の資格は「国土交通省 航空局 安全部運航安全課」が運営管理を行っております。

国土交通省 航空局 安全部運航安全課とは:
国土交通省航空局は、空港の整備、航空交通の安全確保および利用者利便の向上と航空運送事業の発展を担います。

定期運送用(飛行機・回転翼)

定期運送用(飛行機・回転翼)ってどんな仕事?(仕事内容など)

定期運送用操縦士(飛行機・回転翼)とは、航空会社の運航する飛行機のパイロットのライセンス取得者のことです。出発前には気象データや航空機の整備状況や燃料などの様々な確認を行い、離陸後は綿密なフライト計画に基づいた運航で安全・無事にフライトを終えることが第一の仕事です。操縦技術を高めるために日ごろからの訓練も大切な仕事になります。着陸後は、飛行日誌を記入し、フライトの振り返りを行います。整備担当者に機体の状態を連絡し、フライトの終了となります。国際線では1日1便、国内線では1日数便のフライトを行います。

定期運送用(飛行機・回転翼)資格取得の為の勉強法

受験資格に一定の飛行経験が定められているので、しかるべき養成機関で勉強する必要があります。民間養成機関(操縦士養成課程のある私立大学や航空専門学校・訓練事業会社)か独立行政法人航空大学校で学んで資格を取得する方法と、一般の大学などを卒業して航空会社に就職してから資格取得を目指す方法があります。

定期運送用(飛行機・回転翼)の専門学校や通信講座について

2901

定期運送用(飛行機・回転翼)の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

定期運送用(飛行機・回転翼)の資格試験料

学科試験は5,600円、実技試験は56,500円です。学科試験は年に6回、1月・3月・5月・7月・9月・11月に行われています。原則として土曜日もしくは日曜日に行われ、その日程は官法公告や国土交通省ホームページにて公示されます。

定期運送用(飛行機・回転翼)試験・検定の年間試験回数

試験は年6回、国土交通省の管轄で行われます。

定期運送用(飛行機・回転翼)試験科目等の内容

国家試験は、学科試験と実地試験とからなり、学科試験に合格しなければ実地試験は受けられません。学科試験では、航空工学・航空気象・空中航法・航空通信・航空法規(国内・国際)について問われます。実技試験では、運航知識・飛行前作業・離着陸・異常時及び緊急時の操作・航空交通管制機関等との連絡・総合能力等・外部視認飛行・野外飛行について審査されます。また、学科試験は、科目合格制度が採られていますので必ずしも1度に全科目について合格しなくても、最初一部の科目に合格してから1年以内に行われる試験を通じて、全体として全科目に合格すれば良いことになっています。実地試験は、航空局の試験官が航空機に受験者と同乗して実際に飛行し、受験者の技量を見て試験を行っています。

定期運送用(飛行機・回転翼)資格の難易度

航空系の資格の中でも最も難易度の高い資格です。受験資格には年齢制限の他、規定以上の飛行経歴が必要になります。また、無線資格として航空無線通信士を取得する必要もあります。身体的にも健康であることを証明する必要があるため、6カ月ないしは1年に1度第一種航空身体検査証明が必須となります。

定期運送用(飛行機・回転翼)資格の合格率

非公開とされているため、正確な数字は不明ですが、例えばこの国家試験の代わりに自社でパイロットを養成する航空会社の場合、採用試験は100倍になることもあり、合格率は1%となります。倍率は非常に高いといえそうです。

定期運送用(飛行機・回転翼)試験の合格発表

試験の約1か月後に、通知されます。

国家資格バナー

PR



定期運送用(飛行機・回転翼)

定期運送用(飛行機・回転翼)資格取得後の就職先・年収・報酬相場

定期運送用(飛行機・回転翼)所持者の職業例

パイロット、航空会社

定期運送用(飛行機・回転翼)に向いている人

半年に1度の身体検査をクリアしないと、資格は剥奪されます。常に健康な身体であることが何よりも大切です。旅客機の運航は、整備士や地上職、管制官など、他の職務との共同作業です。協調性の取れる、周囲からの信頼を集める人が求められます。地上を離れれば、緊急時にも冷静で的確な判断が求められるので、積極的な行動力も必要です。複数の機器を同時に扱うため、広範な視野で職務に当たれるひとが望ましいでしょう。

定期運送用(飛行機・回転翼)と同じ分野の他の資格

自家用操縦士、事業用操縦士

定期運送用(飛行機・回転翼)の年収・給料相場

最も平均年収が高いのは大手航空会社であり、JAL、ANAのパイロットの年収は2000万弱ほどといわれています。パイロットは一般的に年齢(勤続年数)とともに給料が上がるため、大手の場合は機長になれば2000万円を超える人も多く出てきます。新規参入の航空会社や中堅の航空会社の場合、平均年収が800万円程度となり、大手とは倍以上の差が出るケースもあります。航空会社の競争は厳しく、今後も同様の給料が維持されるかどうかは不透明な状況です。

定期運送用(飛行機・回転翼)の現状

大手航空会社のパイロットは7割強を航空大学校出身者と、難関大学卒で大手航空会社内で養成された人が占めます。私立大卒の採用は少数です。高額な学費の割に就職実績が見劣りするため、不人気です。学費は最低でも約2000万円(4年間)掛かる上、就職は中堅LCC(格安航空会社)がやっとだからです。最も平均年収が高いのは大手航空会社であり、JAL、ANAのパイロットの年収は2000万弱ほどといわれています。パイロットは一般的に年齢(勤続年数)とともに給料が上がるため、大手の場合は機長になれば2000万円を超える人も多く出てきます。しかし新規参入の航空会社や中堅の航空会社の場合、平均年収が800万円程度となり、大手とは倍以上の差が出るケースもあります。航空会社の競争は厳しく、今後も同様の給料が維持されるかどうかは不透明な状況です。また、航空業界でパイロットが不足する「2020年問題」が危惧されています。パイロットの高齢化で2030年には大量退職も見込まれています。今後危ぶまれている人手不足を考えれば、自家用操縦士の取得から始めても良いかもしれません。

定期運送用(飛行機・回転翼)の将来性

島嶼国家である日本は、航空機か船舶でしか入国できません。つまり、パイロットは必要不可欠な職業です。しかし、現在パイロットの不足が社会問題化しています。LCCの台頭など、パイロットの需要が増加している一方、育成が間に合っていないのです。今後、私立国立ともに定員数を増やしたり、養成機関の増加が見込まれます。

定期運送用(飛行機・回転翼)の独立について

乗客を乗せて定期運航するならば、航空会社に勤務する必要があります。自家用の航空機を持っている場合は独立も可能ですが、現実的ではありません。

定期運送用(飛行機・回転翼)資格を所有している主な著名人

桂文珍

コメントを残す

*

*