特殊小型船舶操縦士免許資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-06-22

公開日:2018-05-21

水上オートバイは陸の3倍ともいわれるスピードを出します。海の上からしか行けない場所にも簡単に行けるようになる小回の良さも水上バイクの魅力です。合格率も高く、取得しやすい免許なので、マリンスポーツへの挑戦を考えるなら、取得しておいて損はないでしょう。


特殊小型船舶操縦士免許は16歳以上の男女が目指せる、マリンスポーツの中でも人気資格です。
特殊小型船舶操縦士免許資格取得者は他にも水上オートバイ免許と呼ばれております。
特殊小型船舶操縦士免許の資格は「国家資格」です。

資格広場は、特殊小型船舶操縦士免許になるには?特殊小型船舶操縦士免許なるためには?特殊小型船舶操縦士免許になりたいを応援しております。


特殊小型船舶操縦士免許になるために必要な知識・受験資格

特殊小型船舶操縦士免許

海上を航行する点で必要な運航の方法、交通の方法、小型船舶操縦者の心得及び遵守事項が問われます。実技では具体的に発航前点検、結索(ロープワーク)、エンジン始動、2種類のコースの航行、人命救助、エンジン停止を実施します。

特殊小型船舶操縦士免許の資格は「小型船舶操縦士試験機関」が運営管理を行っております。

小型船舶操縦士試験機関とは:
小型船舶操縦士試験機関は一般財団法人 日本海洋レジャー安全・振興協会という団体の中の機関の一つです。試験の運営に特化して活動しています。

特殊小型船舶操縦士免許ってどんな仕事?(仕事内容など)

国土交通省から発行される、水上オートバイの運転免許で、満15歳9か月から受験できます。取得は16歳以上から可能です。すべての水上オートバイは航行区域が「海岸から2海里(約3.7km)以内(ただし、水上オートバイを降ろした地点から沿岸方向に15海里(約27.8km)以内)」と定められています。この免許のみで仕事する場合は、水上バイクに限られるので、テーマパークのアルバイトや、夏季期間のマリンレジャー業に従事できます。ただし、テーマパークのアルバイトの場合はフリーターであることが求められることが多いです。

特殊小型船舶操縦士免許資格取得の為の勉強法

学科試験の内容の9割以上が、過去の試験で出題されたことのある問題、いわゆる過去問が中心となります。そのため、過去問を繰り返し練習すれば、独学でも十分に合格が狙える内容です。2級学科試験問題よりも難易度は低く、独学での受験も可能な内容です。

特殊小型船舶操縦士免許の専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

特殊小型船舶操縦士免許の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

特殊小型船舶操縦士免許の資格試験料

「教習所コース」で修了する場合、およそ5万円~7万円が相場です。「受験コース」の場合、講習料 (教材含む)、受験申請料、身体検査料、学科試験全て合わせて3万4千円です。

特殊小型船舶操縦士免許試験・検定の年間試験回数

試験は年間を通じて随時行われています。実施している教習所によりますが、土日は人気が集中する傾向にあるようです。平日も実施している教習所もあります。

特殊小型船舶操縦士免許試験科目等の内容

各地で不定期に行われている。特殊では、身体検査、学科試験(一般科目・四者択一)、実技を受験します。免許取得方法は大きく分けて2つあります。ひとつは通称「受験コース」と呼ばれるもので、もうひとつは「教習所コース」と呼ばれるものです。「受験コース」とは、試験機関((一財)日本海洋レジャー安全・振興協会)実施の身体検査・学科試験・実技試験を受ける方法で、「教習所コース」は国土交通省に登録されている登録小型船舶教習所を利用して、法律に定められたカリキュラムを履修し、国家試験と同じ内容の修了試験に合格する方法です。

特殊小型船舶操縦士免許資格の難易度

前項でも記述した通り、過去問を学習すれば、比較的難易度の低い試験です。実技試験では安全確認漏れや、点検事項の確認漏れなど、よくある失敗例がありますので、一連の動作を繰り返し練習して臨むとよいでしょう。

特殊小型船舶操縦士免許資格の合格率

2015年の報告によると、学科試験が91.5%、実技試験が97.6%の受験者が合格しています。一段上級の二級小型船舶操縦士免許とともに、難易度は低いと言えます。

特殊小型船舶操縦士免許試験の合格発表

学校によって異なりますが、受験後1週間以内には合否が通知されます。

特殊小型船舶操縦士免許資格取得後の就職先・年収・報酬相場

特殊小型船舶操縦士免許

特殊小型船舶操縦士免許所持者の職業例

テーマパークのアルバイト、マリンレジャー業

特殊小型船舶操縦士免許に向いている人

1級、2級、小型船舶免許は上位免許ではなくなったため、水上バイクを運転したいなら特殊小型船舶操縦士免許は必須の資格になりました。夏季にマリンスポーツを楽しむ人や、釣りなどで海に行く機会に行く人にも人気の資格です。海岸から3.7kmの距離を航行できるのに対して、免許取得の難易度はさほど高くないので、気軽に爽快感を楽しめます。

特殊小型船舶操縦士免許と同じ分野の他の資格

特殊小型船舶操縦士教習所教員研修修了、マリンスポーツ水上安全指導員、日本赤十字・水上安全法救助員Ⅱ

特殊小型船舶操縦士免許の年収・給料相場

水上バイクの洗艇や、操船に限ると、時給800円~1000円程度のアルバイトの求人が多いです。さらに上位の小型船舶免許を持っていると、時給が1500円~2000円のアルバイト、もしくは派遣社員の求人も見られるようになります。特殊小型船舶操縦士免許は、性質上取得にしても、職種にしても、夏季に限定していることが多いので、合わせて他の免許も取得すると収入の幅も広がってきます。

特殊小型船舶操縦士免許の現状

講習と国家試験、最短2日間で取得できる資格です。国家資格のため、身分証明にもなります。マリンスポーツやマリンレジャーの仕事に携わる場合は、会社から取得の補助が出る場合もあります。求人期間が夏に限定されることが多いので、上位の船舶免許も合わせて取ると、より仕事の幅が広がります。合格率は9割以上と、比較的簡単に取得することができます。

特殊小型船舶操縦士免許の将来性

趣味で利用するために取得する受験者が多いようです。免許更新制で、年齢制限はないので、長く楽しめる趣味の一つになるでしょう。国内に限定した資格ですが、ハワイやグアムなどではそもそも水上バイクの航行に免許が必要ないので、技術を習得すれば、海外でも楽しむことができます。

特殊小型船舶操縦士免許の独立について

特殊小型船舶操縦士免許だけでなく、海洋スポーツの全てをマスターしたプロフェッショナルとして、マリンインストラクターとして独立するケースが多いです。ダイビングやマリンジェット、ウェイクボードなどの様々なマリンスポーツや、メディックファーストエイドと呼ばれる応急手当教育プログラムなどを学びます。海洋開発産業のスタッフ、各種マリン関連ビジネスのブレーンとして活躍します。

特殊小型船舶操縦士免許資格を所有している主な著名人

武井咲

コメントを残す

*

*