スポーツ系資格一覧

   

 

ウォーター・ライフセーバーなどのスポーツ系資格を紹介しています。
こちらの「スポーツ系資格」のページでは、主に「ウォーター・ライフセーバー」、「グループエクササイズフィットネスインストラクター」の資格について紹介しています。
どちらの民間資格のため、資格そのものに種類があったり、取得の仕方も様々です。
各ページでは、両資格の取り方・講習会や免許について解説していきます。
どちらの資格も、人命・健康にかかわるものですが、資格の取得自体は難しいものではありません。
もちろん、ライフセーバーもインストラクターも、男性も女性も活躍できるお仕事です。
近年では女性のライフセーバーも増えています。ライフセーバー、インストラクターになりたい方の手助けになることができればうれしいです!

 

高校野球監督

公立高校の監督は基本的の教師は兼任して行いますが、私立高校の場合は実績や経験のある外部の専任監督が多いです。この理由としては、公立と私立の予算の関係性によります。私立高校の野球監督をする場合は、プロ野球、社会人野球、甲子園の出場経験等の実績が必要となります。公立高校に関しては、大学にて教職課程を終了後に高校教師として就職する必要があります。

プロ野球審判

プロ野球の審判になるためには、NPBアンパイアスクールを受講し、その後契約する必要があります。契約にいたるまでには、資質や適性を踏まえキャンプ等に参加し認められなければなりません。また、契約後はすぐに審判として活躍できるのではなく、経験を重ねて2軍から1軍への昇格を目標とし、日々精進していく必要があります。

特殊小型船舶操縦士免許

水上オートバイは陸の3倍ともいわれるスピードを出します。海の上からしか行けない場所にも簡単に行けるようになる小回の良さも水上バイクの魅力です。合格率も高く、取得しやすい免許なので、マリンスポーツへの挑戦を考えるなら、取得しておいて損はないでしょう。

バッティングピッチャー

バッティングピッチャーは公式戦で投げるピッチャーではなく、練習で打者のために投げるピッチャーです。日本のプロ野球独特の役割で、アメリカや台湾、韓国などのプロ野球にはあまり例がありません。メジャーリーグでは、練習の際にコーチやマイナーリーグの投手などが、打ちやすいボールを投げる程度で、日本のように、さまざまなボールを投げるケースはほとんどありません。日本では球団が選手を拘束できる期間が決まっているので、球団からの指示がない期間は個人契約でバッティングピッチャーを雇う選手もいます。

プロスケーター

プロスケート選手の仕事は、競技をすることです。そして結果を残すことです。現役引退後はアイスショーに出演し、一つ一つの演技や構成にさまざまな工夫を凝らして観客を楽しませます。プロになるためには、子供の頃から練習をし、功績を残し、スポンサーをつけることが必要になります。

スポーツカメラマン

スポーツカメラマンは、スポーツに関する写真や映像を新聞、雑誌、テレビなどの報道メディアに載せるために撮影する。各競技の一瞬をとらえ、臨場感豊かな写真を撮影する技術が求められます。新聞社、通信社、出版社などに所属するカメラマンとフリーのカメラマンがいます。

キャディ

キャディは、お客のゴルフバックを運んでコースを移動し、ボールの落ちた場所を探したりクラブの選択についてのアドバイスを行います。プロについてホールを回るプロキャディと、ゴルフ場で働くハウスキャディがあり、どちらも特別な資格は無く、知識と体力があれば仕事ができます。

ダイビングインストラクター

ダイビングインストラクターは、ダイビングライセンスを取得したいと考える人に指導をする仕事です。海の中での安全管理について教えたり、すでにライセンスを取得している人達のガイド役として、ダイビングスポットでのダイブに付き添います。認定団体のインストラクター試験(IE)に合格する必要があります。

ウエルネスデザイナー

ウエルネスデザイナーは、一般財団法人日本ウエルネス協会が認定する資格です。栄養・運動・休養をベースにした、バランスのとれた生活を支援・指導を行います。所定の科目を履修することで資格を取得することが出来ます。

ダンサー

ダンサーになるための特別な資格はありませんが、実力がものをいう厳しい競争の世界で、誰でもが憧れのステージで活躍できるわけではありません。だからこそ、私たちの目にするダンサーはすべての瞬間とても輝いていて魅力的です。