スポーツライターになるには?仕事内容・給料(収入)・必要なスキルなど

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-04-30

公開日:2018-05-31

スポーツライターはスポーツカメラマン、スポーツキャスターなどと並ぶスポーツジャーナリズムのジャンルのひとつです。主にフリーランスで仕事をする場合に呼称され、基本的に会社に所属していない為、給料のような定期収入はなく、独自色を出したり、企画力や文章力で勝負できるように自分を磨き続けることが大切です。


スポーツライターは幅広い年齢層の男女が目指せる、なりたい人がなっていい職業職業です。
スポーツライターの職業は他にもスポーツライターと呼ばれております。
スポーツライターに「なるには」についてご紹介してまいります。


資格広場は、スポーツライターになるには?スポーツライターになるためには?スポーツライターになりたいを応援しております。

スポーツライター

スポーツライターってどんな仕事?(仕事内容など)

新聞、雑誌などにスポーツに関する記事を書くことを主たる仕事とするもののことを言います。スポーツカメラマン、スポーツキャスターなどと並ぶスポーツジャーナリズムのジャンルのひとつです。主にフリーランスで仕事をする場合に呼称され、新聞社や雑誌社などに所属している場合は記者と呼ばれこの語は用いられないことが多いです。大会や試合を取材して、そのレポートを書くこともあれば、選手や監督などをインタビューして原稿を書くこともあります。仕事は、基本的に新聞や雑誌、サイトなどの編集部から依頼されて行うこともあれば、自分の企画や原稿を売り込んで採用されることもあります。

スポーツライターになる為の勉強法

必要な資格はありませんが、文章によって多くの読者に伝える仕事なので、少なくとも中学生以上の読者が理解できる文章を書く能力は必要です。大学や専門学校を卒業して新聞社や出版社に就職し、取材の仕方や記事の書き方、編集の仕方などの基礎を身につけ、実際に現場取材を経験し、人脈を広げておくことも重要となります。「スポーツと書くことが好きか」が前提となり、語彙力や文章構成力はもちろん、スポーツの知識や企画力、フットワークも軽くしておく必要があります。

スポーツライターになるための専門学校や通信講座について

専門学校や通信講座は【専門学校案内所】からジャンルや都道府県別に簡単に調べられます。

スポーツライターの学歴・勤務時間・スキル・やりがい・苦労ついて

スポーツライターの学歴

現在調査中

スポーツライターの勤務時間

現在調査中

スポーツライターに必要なスキルや機材

現在調査中

スポーツライターのやりがい

現在調査中

スポーツライター苦労、大変なこと

現在調査中

スポーツライター

スポーツライターの年収・将来性・独立について

スポーツライターに向いている人

スポーツライターに向いているのは、まず、スポーツの試合を見ると、その感想や意見を他人にしゃべりたくなる人です。スポーツを見て、何かを他人に伝えたい気持ちが湧いてくるかどうかが一番大切です。スポーツをテーマに文章を書きますから、スポーツを見ることが好きで、文章を書くことが好きでなければ長続きしません。実際にスポーツライターになれば、毎日のように記事を書くことになります。中学生や高校生の生活に例えれば、毎日作文を書いているようなものです。「それでも大丈夫」「楽しい」と思える人はスポーツライターに向いているでしょう。スポーツ選手や指導者はもちろん、チームや大会のスタッフ、編集者など人と接することの多い仕事です。社交的で明るい人の方が向いています。

スポーツライターと同じ分野の他の職業

スポーツカメラマン、スポーツキャスター、スポーツジャーナリストなど

スポーツライターの年収・給料相場

スポーツライターの収入は、その人の実力しだいです。スポーツライターは、基本的に会社に所属していませんから、給料のような定期収入はありません。主な収入は本の印税と原稿料、講演料、テレビ局などへの情報提供料などです。本が売れて、かつ講演する機会が多ければ、年収数千万円を稼ぐ人もいます。また、会社や団体の広報誌の仕事を多く抱える人には年収1000万円近い人もいます。しかし、現実は、原稿料や情報提供料だけでは年収数百万円程度という人が多いです。雑誌やインターネットで記事を書いた原稿料が中心という場合では、年収500万円以下の人がほとんどです。

スポーツライターの現状

新聞社や出版社、編集プロダクションなどに所属し、仕事を通じて文章を書けるようになってから、その会社を辞めてフリーランスのタイターになるのが一般的なルートです。専門学校などで文章の書き方を学んだ後、スポーツライターになる人もいますが、長く続けられる人は少ないようです。また、スポーツ選手だった人がスポーツライターに転職したり、学生時代に仕事を始め、そのままスポーツライターとして独立する人もいますが、ごく少数です。スポーツ以外の原稿や本も書いて稼いだり、アルバイトのような感覚で他の仕事をしている人が多いです。原稿を書くのが速い人は自由時間も多くなりますが、遅筆の人は寝る時間を削って原稿を書くこともあります。また、家庭をもつと、国内の大会や試合はもちろん、五輪やW杯といった海外での大きなイベントも取材していると、その準備期間も含めてかなり忙しく、家族と過ごす時間がなかなか取れません。独身のときはいいですが、家庭をもつと、家族に理解がなければ独身時代のような取材活動は難しいです。

スポーツライターの将来性

家庭をもっても長く続けようと思えば、独自色を出したり、企画力や文章力で勝負できるように自分を磨き続けることが大切です。気になる収入源は、クラウドソーシングを上手く使っていきましょう。クラウドソーシングとは簡単に言えば、ネット上のお仕事です。また、自分の専門分野は初めは狭く徐々に広くしていくと収入の分散化が図れます。

スポーツライターの独立について

ともかく、自分で『スポーツライター』と名乗ること。これが、きっかけになります。クラウドソーシングに登録したり、スポーツ特化型のブログを開設、出版社に記事を持ち込み連載をもつなど、なるべく多くのスポーツを専門にすると共に、人脈を広げていく事が重要となります。

スポーツライターの主な著名人

川端康生、山際淳司

コメントを残す

*

*