スポーツリーダー資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018-10-03

公開日:2018-07-10

スポーツリーダーはスポーツグループやサークル内でリーダー的な役割として指導を行います。このスポーツリーダーとしての知識は指導を行う時のみではなく、自身の健康管理を行う時にも役立ちます。そしてこの資格は、合格率が約95%とかなり容易に取得できる資格です。


スポーツリーダーは幅広い年齢層の男女が目指せる、スポーツ指導を行う資格です。
スポーツリーダー資格取得者は他にもスポーツ指導基礎資格と呼ばれております。
スポーツリーダーの資格は「民間資格」です。

資格広場は、スポーツリーダーになるには?スポーツリーダーなるためには?スポーツリーダーになりたいを応援しております。

スポーツリーダーになるために必要な知識・受験資格

スポーツリーダーとして必要な知識は、スポーツ指導者としての医学的知識やスポーツと栄養の関係、トレーニングの理論、スポーツ指導者としての役割、文化としてのスポーツなど様々な知識が必要になります。

スポーツリーダーの資格は「公益社団法人日本スポーツ協会」が運営管理を行っております。

公益社団法人日本スポーツ協会とは:
日本のスポーツ競技連盟、協会および各都道府県の体育協会を統括する団体です。

スポーツリーダー

スポーツリーダーってどんな仕事?(仕事内容など)

スポーツリーダーとは、スポーツ指導やボランティア、救急処置やコーチングに関する基礎的な知識を身に着け、スポーツグループやサークルなどのリーダー的存在として指導にあたります。また、この資格取得後は、競技別指導者資格やフィットネス資格へステップアップする人もいます。指導者としての指導はもちろんですが、この資格で得た知識は、自身の健康管理やトレーニングにも役立てることができます。

スポーツリーダー資格取得の為の勉強法

スポーツリーダーになるには、2つ方法があります。1つ目はNHK学園生涯学習通信講座通信教育を受講する方法です。2つ目はスポーツリーダー養成集合講習会に参加する方法です。通信教育を受講する方法は計3回にわたる課題を提出し、そのどれについても原則として6割以上の成績を有していないと合格になりません。集合講習会を受講する方法では、その講習会を開催する団体によって異なります。

スポーツリーダーの専門学校や通信講座について

準備中です。


スポーツリーダーの試験料・試験内容・難易度・合格発表について

スポーツリーダーの資格試験料

スポーツリーダーの試験料は通信教育ですと、試験料単体での支払いはなく、スポーツリーダーを申込む際に試験料込みで23,100円(税込み)を支払います。集合講習会ですと、各開催団体により異なり、これについても試験料込みでの支払いになります。

スポーツリーダー試験・検定の年間試験回数

スポーツリーダーの年間の試験回数は、通信教育を受講した場合と集合講習会を受講した場合で異なり、通信教育を受講した場合は、春期、夏期、秋期、冬期の年4回の申込期間があり、春期では、2月1日~4月25日の間に申込みが行われ、5月末に第一回試験、6月末に第二回試験、7月末に第三回試験があります。夏季では、5月1日~7月25日の間に申込みが行われ、8月末に第一回試験、9月末に第二回試験、10月末に第三回試験があります。秋期では、8月1日~10月25日の間に申込みが行われ、11月末に第一回試験、12月末に第二回試験、1月末に第三回試験が行われます。冬季では、11月1日~1月25日の間に申込みが行われ、2月末に第一回試験、3月末に第二回試験、4月末に第三回試験が行われます。集合講習会の場合は、団体により試験の日程は異なります。

スポーツリーダー試験科目等の内容

スポーツリーダーの試験の内容については、通信教育を受講する場合も集合講習会で受講する場合も同様で、文化としてのスポーツや指導者の役割、トレーニング論、スポーツ指導者に必要な医学的知識、スポーツと栄養についてなどの内容になります。回答の方法については、選択方式になりますので、よほど勉強していない限り不合格になるようなことはありません。

スポーツリーダー資格の難易度

スポーツリーダーの難易度は、合格率が約95%という高い水準を見て分かる通り、とても簡単な資格になります。この背景としては、試験を3回に分けられている分、範囲が狭くなり、勉強がしやすくなるということが挙げられます。また、解答方式が選択方式なので、分からなくても勘で正解することもできます。

スポーツリーダー資格の合格率

スポーツリーダーの試験の合格率は約95%と高い水準となっています。この数値を見る限り、よほど勉強をさぼっていない限り不合格にはならない資格ということがわかります。また、試験の解答方式は選択方式となっていますので、困った場合は、消去法により選択することも可能です。

スポーツリーダー試験の合格発表

スポーツリーダーの合格発表は、通信教育により受講した場合と集合講習会を受講した場合で異なります。通信教育を受講した場合は、毎年4回受験することができ、合格発表は春期受講が10月中旬、夏季受講が1月中旬、秋期受講が4月中旬、冬季受講が7月中旬になり、計4回あります。万が一不合格であった場合は、再学習申込書が同封されてきます。集合講習会を受講した場合は、各開催団体により異なりますが、通信教育とは異なり、1回しかありませんので注意してください。


スポーツリーダー

スポーツリーダー資格取得後の就職先・年収・報酬相場

スポーツリーダー所持者の職業例

スポーツリーダーとして活躍します。

スポーツリーダーに向いている人

スポーツリーダーは、人に教えることが好きな人やスポーツや体を動かすことが好きな人に向いています。この資格はスポーツやサークルのリーダーとして指導などをしますので、スポーツが好きで教えることが好きな人にはオススメする資格です。

スポーツリーダーと同じ分野の他の資格

競技別指導者資格、フィットネス資格

スポーツリーダーの年収・給料相場

スポーツリーダーの資格を取得した人がこの資格を使用し仕事をした場合、スポーツトレーナーとして就職することが多いです。この場合ですと、年齢と勤続年数によりますが、年収は300万円~800万円が相場であると言われています。

スポーツリーダーの現状

あまり資格としての認知度が低いスポーツリーダーですが、この資格は、とても取得が比較的容易であり、スポーツトレーニングやスポーツの医学的知識など日常生活でも非常に役立つ知識を得ることができます。また、スポーツ医学などが進歩している現在では、この資格を持っているかどうかは非常に大きな差になります。

スポーツリーダーの将来性

スポーツリーダーを取得した人はその後、競技別指導者やフィットネス指導者などへステップアップする人が多いため将来性がある資格の一つです。また、スポーツ医学やトレーニング論などで未だに解明されていないことがたくさんありますので、今後の進歩が期待されるものの一つです。

スポーツリーダーの独立について

スポーツリーダーとして一度携われば、その顧客とは長期間の付き合いになりますので、この期間に客と良い関係を築くことができれば、独立しても客はそのままついてきてくれます。ですが、新規の客を獲得しようとするのも難しく、長期間の付き合いになりますので、一度でも他のスポーツリーダーと関係を持っていると、自分が携わることがほとんどありませんので、独立しても客として来てくれることはほとんどありません。また、スポーツリーダーは部屋の一室でもできますので、比較的簡単に独立できます。

スポーツリーダー資格を所有している主な著名人

不明

コメントを残す

*

*