【2019最新】司法試験予備試験おすすめ通信講座ランキング

masman

by nishimura

更新日:2019-09-13

公開日:2019-03-06

2019年最新版!司法試験予備試験は司法試験の受験資格が取得できる非常に人気の試験です。国家資格の中でも難易度が高く、独学での合格はほぼ不可能といわれている予備試験に確実に合格するため、おすすめな通信講座をランキング形式で紹介!


法科大学院に進学しなくても司法試験の受験資格を得る方法が司法試験予備試験です。

司法試験予備試験に確実に合格して、本番の司法試験にも合格する為には、確実に合格できるレベルになる為の勉強をする必要があります。

この記事では、司法試験予備試験におすすめの通信講座ランキングや、司法試験予備試験合格のための最新の2019年版司法試験予備試験対策をご紹介します!

予備試験(司法試験予備試験)とは?

司法試験予備試験に合格すると、法科大学院に通わなくても司法試験を受験できます。

正式名称 種別 開催回数 別称 運営URL
司法試験予備試験 国家資格 年1回(3度の試験選考) 予備試験 公式HP

弁護士や裁判官になるための司法試験には受験資格があり、2010年までは「法科大学院の修了」が必須でした。受験資格を得るためだけに、大学を含めると最低6年もかかり、時間や経済的負担に大きな問題があったのです。

経済的な問題や時間、その他の理由で法科大学院に進学できない方の為に、2011年に司法試験予備試験が開始され、司法試験の受験資格が大きく緩和されました。司法試験予備試験には受験資格が一切なく、誰でも裁判官・弁護士・検察官を目指せるようになりました。


司法試験予備試験の類似資格

  • 司法試験
  • 弁護士になるための試験。司法試験予備試験に合格すると受験でき、司法試験予備試験合格者の約6~7割程度が司法試験に合格する。

  • 弁理士試験
  • 主に知的財産権を守ることを仕事とする弁理士になるための試験。

  • 司法書士試験
  • 頼れる身近な法律家とも称される司法書士になるための試験。登記や簡裁訴訟代理などが仕事内容。

【関連ページ】

予備試験とは?

6年の修学をSkipできる新制度!

誰でも受けれる司法試験の受験資格のための試験

類似資格も多く、ダブルライセンスも狙える

司法試験予備試験の試験詳細について

予備試験詳細

近年、司法試験を受験する為の近道として認識されている司法試験予備試験の試験内容や難易度・合格率について詳しくお話させていただきます。

司法試験予備試験は司法試験の受験資格を必要としている方が受験するものであり、金銭や時間の節約をしながら法曹への道を切り開く試験です。受験資格は無く、2017年には最年少の18歳・高校3年生が合格し、話題にもなりました。

司法試験予備試験の合格者は過去5年間、司法試験合格率トップを維持し、司法試験合格の秘訣は司法試験予備試験なのではないかとも言われるほどに難易度が高い試験なのです。

司法試験予備試験の試験内容

  短答式試験概要
短答式試験 試験科目 問題数/試験時間
民事・商法・民事訴訟法 45問/ 90分
憲法・行政法 24問/ 60分
刑法・刑事訴訟法 26問/ 60分
一般教養科目 42問/ 90分

司法試験予備試験は年1回の実施で、1回の実施で短答式、論文式、口述式の3種類の試験が順番に数ヶ月おきに実施されます。いずれかの形式の試験に落ちた時点で次の試験に進めなくなり、すべての試験に合格すると司法試験予備試験の合格となります。

短答式は5月に4科目を5択のマークシート式問題で実施、論文式は7月に5科目を2日間に分けて実施されて司法試験予備試験最大の山場となる難易度を誇ります。10月に実施の口述式は問答での試験で、合格率は高いですが、対策が必要です。

司法試験予備試験はどの形式も合格率が低く、長時間の対策が必要で、最低でも1~2年は専念して勉強する必要があると言われているほどの難易度が高い試験です。

司法試験予備試験の難易度

短答式試験・論文式試験・口述式試験それぞれの難易度を解説していきましょう。

短答式試験の例年の合格点は270点満点中160~170点です。ここで受験者の約70%が不合格になる事が多く、大体の受験者は一般教養である程度の点数(30点程度)を稼ぎ、残りの130~140点を他の法律基本科目で確保しています。

マークシート方式ですので、論文式試験対策に加えて判例の詳細や短答式独自の細かい知識を習得しておく事が大切です。

論文式試験の例年の合格点は500満点中235~245点で、記述式の為、時間内に解答を書ききる事が大切で、途中答案にならないようにしなくてはなりません。

法律の知識だけでなく応用力も必要になり、この論文式試験が司法試験予備試験合格への要になる試験になるのです。

最後に口述試験ですが、これまでの試験に合格してきた方であれば必ず答えられる試験で、担当試験官2人からの質問に的確に答える試験形式が取れられています。入室から退室までの姿勢や作法も採点の指標になっているので緊張しないよう気を抜かずに挑みましょう。

司法試験予備試験の合格率

  過去5年間の各試験合格率
実施年度 短答式試験 論文式試験 口述式試験
2019年 23.08% 未公示 未実施
2018年 23.8% 17.99% 94.3%
2017年 21.3% 21.31% 94.6%
2016年 23.2% 18.43% 94.4%
2015年 22.2% 19.38% 92.1%
2014年 19.6% 20.63% 91.0%

上記の表を見てもらって分かるように、短答式試験と論文式試験の合格率はかなり低く、司法試験予備試験の最終的な合格率は3~4%とかなりの狭き門です。

短答式合格者の論文式試験合格率が17~21%で推移している事からも論文式試験対策がかなり必要であることがわかっていただけたと思いますが、難易度でも説明した通り制限時間内に解答を書ききる事が出来る知識と応用力、さらに2時間20分~3時間30分の間解答を書く事が出来る体力や筆力も求められます。

※2019年8月に、2019年司法試験予備試験の短答式試験合格率を追記しました。受験者11,682名に対し合格点に達したのは2,696名。23.08%でした。

司法試験予備試験対策に必要な学習

予備試験の一発合格を目指すなら!

司法試験予備試験は受験制限も回数制限も無く、誰でも何度でも受験する事が出来ますが、年に1度しか実施されないのでそう何度も受験していられません。

2017年から司法試験予備試験の合格者が400人を超えるようになり、受験するなら今がチャンスだとも言えますので、しっかりと司法試験予備試験対策をして試験に挑みましょう!

予備試験の試験内容・難易度

最終合格率4%未満の超難関

多角的に知識、応用力、対応力が問われる

5時間5択150題近くのマークシート式

最大の山場、2日間にも渡る論文式

面接官2人との口頭質疑による最後の関門、口述式

司法試験予備試験は独学では無理って本当?

司法試験は独学では無理

司法試験は、受験資格が無いのでもちろん誰でも受験をすることは可能です。

資格スクエアなどで公開されている受験データによれば、大学生や法科大学院生が多く受験するのはもちろんですが、社会人の受験者の方が、学生よりも多いというデータがあります。

しかしながら、平成30年度の司法試験予備試験の合格者は433名。総受験者11,136名のうち合格率は3.9%となっていますので、非常に難関な試験です。司法試験予備試験の受験資格に特に指定はないとはいえ、計画的にしっかりと勉強することが重要です。

独学で合格は可能?おすすめ勉強法

司法試験予備試験は非常に難しく、独学はほぼ不可能と言っても良いでしょう。独学合格者のブログ等もございますが、非常に稀有な例です。

もし独学で挑戦する際は、数年単位のまとまった時間を用意し、試験勉強だけに専念することが必須となるでしょう。

法律の知識を深く理解して完璧に暗記するのはもちろん、過去問対策もしっかりとする必要があります。特に論文式は回答例や解説を熟読し、正しく記述できているか何度も確認しましょう。

独学で大変な点、落とし穴

独学がほぼ不可能の要因として、所要勉強時間の長さと対策の難しさが挙げられます。

要求される知識量が他の資格と比較にならないほど膨大で、基礎知識の獲得だけでも相当の時間が要され、知識も表層的な理解では不十分で、深い理解が必須です。

さらに、論文式の試験は長文解答のため、独学では添削等をしてもらえず、対策が非常に困難です。

完全な独学合格は無理でも、独学に近い方法での合格は十分可能です。その方法は専門学校・予備校への通学や通信講座の受講です。
特に通信講座の受講は時間や場所の拘束などが少なく、独学に近い自由度で、しかも合格率を飛躍的に向上できます。

予備試験の独学合格の可否

一部の天才の稀有なケース以外は、独学合格は無理!!

マーク、論文、口述の3つそれぞれへの対応が難しい

莫大な知識量に加え、応用力、対応力が多角的に問われる

1人だと正しい進捗管理がほぼ不可能

通信講座なら独学に近い状態で合格可能

【最新版】司法試験予備試験おすすめ通信講座ランキング2019

司法試験予備試験に合格するには通信講座を利用するのが近道です。年間スケジュールによって勉強ペースが定まり、合格まで着実に進歩できます。

ここでは、教材の分りやすさや指導体制の充実性、評判や口コミの高さから独断と偏見でおすすめの通信講座をピックアップし、2019年最新版ランキングにしました。

1位:資格スクエア

司法書士試験おすすめ通信講座

おすすめの予備試験対策

2019年おすすめ通信講座ランキング1位の資格スクエアの最大の特徴は質の高さと低価格です。

資格スクエアでは無駄なコストの徹底排除で、高水準の授業を低価格で提供しています。実際に、大手予備校では100万円以上かかる内容も、資格スクエアでは半額以下で受講できます。

また、60段階のレベル別学習で自分のレベルに合わせて逆算して合格を目指せ、講師も大手予備校のカリスマ教師や書籍出版者などとても豪華で、短答式試験・論文式試験・口述試験の模試対策も揃っています。

そして講義やテキストだけではなく、様々な勉強法も提示してくれるので、必ず自分に合う勉強法を見つける事が出来るのも、資格スクエアの特徴の一つです。

試験範囲で必要な知識や対策をすべて網羅できる講義が498,000円~受講できます。もちろん、教材費などすべてが込みでこのお値段です!分割払いだと月々2万円ちょっとで司法試験予備試験に合格できます。

【主要な口コミ】

  • マイレジュメのおかげで板書の必要がなく、授業に集中できる
  • 専用アプリでアウトプットができ、記憶に定着しやすい
  • 値段が安い上に、授業内容も充実していてコスパが最強
  • 法律を学んだことがなくて、最初は大変だった

資格スクエアのポイントは安さ?

そもそも、司法試験予備試験は法科大学院を修了しなくても受けられるというメリットを持っている制度です。大学院を出なくても受けられるというのは、経済的にも時間的にも余裕が出るので、従来の制度より受験がしやすくなっています。

しかしながら、高額な予備校や通信講座を受けるだけでは、そのメリットを壊してしまいます。

資格スクエアは、自分のスケジュールに合わせて無理なく勉強が出来る通信講座タイプ。しかも、他の講座に比べても圧倒的な安さで受講できる事、最新の学習メソッドが充実している事で人気があります!

資格スクエアのポイントは講師陣?

受講料が安い通信講座を受けても、本当に難易度の高い試験に合格できるか心配になる部分もあると思います。

ですが、資格スクエアの講師陣は10年以上司法試験予備試験の講師を行ってきたベテラン講師を中心に、直近の司法試験・司法試験予備試験に合格した講師、某ブログサイトで常にランキング上位になっている司法試験・予備試験受験生に人気の講師など、合格者や受講者から圧倒的に支持されているメンバーで構成されています。

法学を一切学んだことが無い人でも、基礎知識のインプットから始められるので安心して受講出来るのがおすすめのポイントです!

資格スクエアのポイントは合格率?

資格スクエアは、司法試験予備試験対策設立からわずか3年で100名以上の司法試験予備試験合格者を輩出している通信講座です。

便利な学習システムで、繰り返し勉強できるので内容の定着も早く、板書する手間も無いというメリットたっぷりの勉強法で、他の通信講座よりも高い合格率を狙えます!

学習システムにはAIや脳科学が採用されていて、自分だけの問題集も作成してくれるので効率よく苦手分野を克服出来る事がポイントになっています。

司法試験予備試験対策第1位の【資格スクエア】を受講するには

資格スクエアは、オンライン学習体制ではありますが、費用は他の予備校・通信講座よりも抑えられ、なおかつ手厚い答練や添削を行ってくれます。

自分のレベルにあったカリキュラムで無理なく勉強が出来るので、年々資格スクエア出身の合格者も増え、わずか3年で合格者は100名を超えています。

司法試験予備試験だけでなく、本番の司法試験にも対応している資格スクエアは、まずは資料だけ無料で請求することも可能です!

「独学では難しい」「とはいえ、予備校に通っている時間もない」そんなあなたには通信講座の資格スクエアがおすすめですし、迷っている時間ももったいないので、まずは資料を請求して申し込みましょう!

2位:STUDYing(スタディング)

司法試験・予備試験 スマホ一つで手軽に目指せる

↑ 通学、通勤中に学習したい人におすすめ!

2019年おすすめ通信講座ランキング2位の超短期で効率的に学習できるスタディングもおすすめです。特徴はなんと言ってもスマホ1つで完結する手軽さと圧倒的な安さです。

ビデオや音声講座もあり、中でもビデオ講座では情報番組によくあるような図やイラストを使った具体例等を使ってくれるため、初学者でもわかりやすいと評判です。

スタディングでは入門~応用期まで対応した様々なプランが展開されています。

また、値段がかなり安く、プレミアムコースでもキャンペーン値引きなしで約18万円です。また、合格時にはお祝い金として1万円のキャッシュバックもあります!

【主要な口コミ】

  • 圧倒的に値段が安く、コスパが良い
  • いつでもどこでも受講ができる
  • 進捗が可視化され、モチベーションを保ちやすい
  • 通信料がかなりかかる

3位:LEC(東京リーガルマインド)

お得に資格取得を目指すなら

↑ お試しWeb受講も可能!しかも早い時期に申し込むと受験料がお安く!

2019年おすすめ通信講座ランキング3位のLECは様々な資格に関する書籍を出版している会社が設立した通信講座で、資格の授業のWeb受講などができます。

資格分野において長い歴史を持つLECでは豊富な経験や優れたカリキュラムが魅力となっています。質の高い授業が受けられるうえ、お値段も大手予備校と比較すると安いのが特徴です。また、LECでは随時、お得なキャンペーンが開催されています。お見逃しなく!

【主要な口コミ】

  • 短い期間でも一発合格が狙えた
  • 忙しくても続けられ、合格できる
  • テキストや授業がわかりやすい
  • 司法試験予備試験の難易度が高く、授業についていくのが大変だった

一括で専門学校の情報を集める

スタディサプリ資料請求

簡単♪資料請求はコチラ!

複数の専門学校は見比べて比較するのが一番!

リクルート運営のスタディサプリでは基本無料で資料を一括請求できます。

しかも、今なら複数請求すると全員に図書カードがプレゼントされる期間限定キャンペーンが実施中!わずか1分の簡単入力だけなのでぜひご活用ください♪

【おすすめの参考書】

司法試験予備試験を独学で合格するには、独学の為のノウハウや過去の出題傾向などをしっかり把握しておくことが重要になります。

通信講座での勉強に合わせて、市販の参考書などを購入したいと考えている方は、こちらの参考書がおすすめです!

2019最新版!司法試験予備試験におすすめの通信講座ランキングまとめ

司法書士試験おすすめ通信講座

おすすめの司法試験予備試験対策

司法試験予備試験の詳細や対策、2019年最新版おすすめ通信講座ランキングなどについて紹介しました。司法試験予備試験は長難関で勉強時間が掛かり、独学での合格はほぼ無理です。なので、合格には忙しい時間のスキマをぬって学習できる通信講座が一番有効です。

予司法試験備試験の通信講座は沢山ありますが、特におすすめ通信講座はランキングで1位の質とコスパが高く充実した内容が特徴的な「資格スクエア」です!

「逆算合格術」や「資格スクエアクラウド」、「未来問」等の独自の学習システムやAIによる出題傾向予想に加え、脳科学を用いた脳科学ラーニングで、学習の効率化を図り確実に司法試験予備試験に合格する為のメソッドが充実しているので、必要最小限の講義とテキスト・問題集で合格できるシステムが構築されています。

ランキング2位になった安さと受講のしやすさが売りの「STUDYing」、ランキング3位の長い歴史を持ちカリキュラムの充実度が魅力的な「LEC」などもおすすめポイントはあるので、気になった通信講座の資料をそれぞれ無料請求し、比較検討してみてはいかがでしょうか

コメントを残す

*

*