司法試験資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2018.09.06

公開日:2018.05.30

裁判所事務官 なるには

近年では、社会の急激な国際化や社会事象の複雑多様化に伴い、新規事業拡大や、それに伴う社会問題やトラブルが急増しています。そのため法に基づく紛争予防・問題解決の専門家として法曹三者へのニーズはますます高まってきており、社会の様々な場面での活躍が期待されています。


司法試験は幅広い年齢層の男女が目指せる、法曹界の主役資格です。
司法試験資格取得者は他にも司法試験と呼ばれております。
司法試験の資格は「国家資格」です。

資格広場は、司法試験になるには?司法試験なるためには?司法試験になりたいを応援しております。

司法試験になるために必要な知識・受験資格

法律知識がなく、それでも法科大学院には進まず予備試験を目指す場合、独学で合格というのは不可能ではありませんが、かなり難しくなります。勉強の仕方としては、基本書や参考書を読んで、答案を書く練習をしてみるとよいでしょう。そうすれば、どの程度内容を理解できているかわかります。参考書は基本的なものも多く出ていますので、適切に選べば初学者でも勉強を始めることができます。ただ、司法試験予備試験の範囲はかなり広いので、ポイントがまったくわらないまま勉強を進めると基礎知識を理解するまでにかなりの時間がかかります。予備校の入門講座を利用して、基礎的な法律の勉強をしたほうが、効率的に学習が進むでしょう。

司法試験の資格は「法務省大臣官房人事課 司法試験係」が運営管理を行っております。

法務省大臣官房人事課 司法試験係とは:
法務省の前身は戦前の司法省であり,裁判所の監督などの司法行政事務を含む広範な法務・司法に関する事務をつかさどっていましたが,昭和22年5月3日新憲法とこれに伴う裁判所法の施行とにより,裁判所は司法省から分離され,裁判所関係の事務は最高裁判所の所管に移されました。

司法試験

司法試験ってどんな仕事?(仕事内容など)

司法試験は、裁判官、弁護士、検察官など、司法に関する職業に就く場合に必要となる国家試験で、取得までの道のりは、数ある法律系資格の中でも最も困難と言われています。2010年までは、「旧司法試験」と「新司法試験」がそれぞれ行われていましたが、2011年以降は旧司法試験は廃止され、新司法試験が一本化され、名前も司法試験に変更されました。

司法試験資格取得の為の勉強法

受験対策は、そもそも自分に合った大学院を見つけることから始まります。それぞれの特色をよく吟味して、最適な大学院を目指しましょう。また、大学院に通いながら予備校などでも勉強する受験者も少なくありません。

司法試験の専門学校や通信講座について

準備中です。


司法試験の試験料・試験内容・難易度・合格発表について

司法試験の資格試験料

試験料は28,000円となっています。

司法試験試験・検定の年間試験回数

年間の試験の回数は1回で、5月の中旬頃行われます。

司法試験試験科目等の内容

<短答式>(択一式を含む筆記試験)公法系科目:憲法および行政法に関する分野。民事系科目:民法、商法および民事訴訟法に関する分野。刑事系科目:刑法および刑事訴訟法に関する分野。<論文式>公法系科目:憲法および行政法に関する分野。民事系科目:民法、商法および民事訴訟法に関する分野。刑事系科目:刑法および刑事訴訟法に関する分野。選択科目:以下の法律分野から1科目を選択する、倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、国際関係法(公法系)、国際関係法(私法系)。という内容になっています。

司法試験資格の難易度

新試験になってからの近年の合格率は25%程度と、数字の上ではさほど低くは見えませんが、受験者が大学院まで専門的に法律を学んできた人たちであることを考えれば、やはりまだまだ超難関と言えるでしょう。

司法試験資格の合格率

合格率は約20%~25%程と言われています。

司法試験試験の合格発表

9月の中旬頃にホームページ上で掲載、試験地ごとの掲示板にも掲示、9月下旬頃に合格通知書と成績通知書が発送されます。

国家資格バナー

PR



司法試験

司法試験資格取得後の就職先・年収・報酬相場

司法試験所持者の職業例

裁判官、弁護士、検察官など。

司法試験に向いている人

司法試験は、まさに法律の知識が問われる試験ですが、ただ単に知識だけを得ただけでは合格できないと言われています。知識をもとにして、提示された事例を分析し、問題点を解決する能力が求められるからです。そのため、物事に対する分析力や判断力、理解力が必須であり、柔軟な発想力も持ち合わせていなければ問題に対処することはできないでしょう。暗記が得意な人よりも、柔軟な思考を持っている人のほうが、素質があると言ってよいかもしれません。

司法試験と同じ分野の他の資格

国家公務員、地方公務員、検察事務官、裁判所事務官、税関職員など。

司法試験の年収・給料相場

弁護士は給与が高い職業として知られていますが、年収については、それぞれの弁護士により大きく異なります。数千万円もの年収を手に入れている人がいれば、経費を差し引けば給料がほとんどないという人もいます。全体として、収入が下がりぎみという傾向はあるようで、破産した弁護士事務所もあるようです。なお、一般的には、企業の買収など、経済活動に関わる弁護士の収入が高いと言われています。

司法試験の現状

日本では、弁護士の絶対数が少なく国民が十分な法的サービスを受けられない、という問題がありました。その解決のため、裁判の効率化や法曹界の人員を増やす司法制度改革が行われ、弁護士の数は毎年増加しています。とくに都市部では、弁護士が飽和状態に近づいているといわれ、弁護士事務所への就職も厳しくなっているようです。また、就職できた後の待遇についても、以前より悪化しているともいわれています。

司法試験の将来性

国家の三権のうち、「司法権」にたずさわる裁判官や弁護士、検察官は、国が存続するかぎりまず地位を奪われることがないという意味で、将来性についてはまったく心配がない職業です。ただし弁護士は、民間の弁護士事務所に勤務する場合、最初は見習いの状態からキャリアを始めなければなりませんので、収入の面では苦労がともなうでしょう。また、独立後は、弁護士としての能力だけでなく、経営手腕を発揮できなければ成功は難しいでしょう。

司法試験の独立について

弁護士資格さえあればいつでも独立・開業はできます。独立するのは、就職できる適当な事務所がない場合、自分の看板をかかげた事務所を持ちたい場合など、いろいろな場合があるでしょう。独立・開業する場合、事務所を借りる、事務員を募集して仕事を指示する、事務所の維持管理、クライアントの確保といった事務所経営も考えなくてはいけません。つまり、弁護士としてだけでなく、経営者としての知識、資質も求められることになります。

司法試験資格を所有している主な著名人

現在調査中

コメントを残す

*

*