公的資格一覧

   

 

ケアマネージャーなどの公的資格資格一覧です。

商工会議所などが主催する検定試験などの、公的資格と呼ばれる資格について詳しく説明しています。

 

商業経済検定

商業経済検定は、公益財団法人全国商業高等学校協会が主催する試験で、商業や経済に関する知識がどれくらいあるかを認定する試験です。経理や販売系の職種だけでなく、営業や経営など様々な業務の基礎となる内容です。

DCプランナー認定試験

現在ではまだマイナー資格であまり知られていませんが、今後年金がDC制度へ移行する中で、需要は高まる資格です。年金制度だけでなく、幅広い分野の知識を学習し、制度導入・運用などのコンサルティングが任されます。

珠算検定(全国珠算教育連盟)

珠算検定(全国珠算教育連盟)は、連盟会員教室に通う人を、主に対象とした珠算検定です。級位が細かく設定され、難易度がそこまで高くないことから、取りやすい資格と言えるでしょう。珠算で身に付けた忍耐力や集中力は、どの職種にも活かせるでしょう。

珠算検定(全国商工会連合会)

珠算検定(全国商工会連合会)は、商工会の発展のための活動の一環として、全国商工会連合会が行っている珠算検定です。一般的な認知度は低いですが、他の珠算検定より難易度は高いと言われています。珠算で見に付いた、集中力・記憶力は全ての仕事に役立つでしょう。

BATIC(国際会計検定)

グローバル化されていく現在、国際会計への統一を各企業進めています。そんな中、この国際会計士が海外との架け橋の役割を担うので、今後需要が高まる資格であると言えます。試験結果もスコア式なので、自分の習得レベルに合わせて称号を得ることができます。

知的財産管理技能検定

知的財産管理技能士検定とは、知的財産として企業内での権利侵害に関わるトラブルを未然に解決したり、リスクを最小限に抑える能力を有する資格です。近年はIT技術の進歩によりコンテンツ制作に関する知的財産が注目となっており企業内でも需要の高い資格となっております。

ファイナンシャル・プランナー

法律の改正に伴い、資産の問題は年々複雑になり気軽に相談をしたい人も増えてきています。諸外国では非常にステータスのある職種ですし、独立した場合高収入を得られる可能性も高いので持っておきたい資格と言えます。

証券アナリスト

他の資格試験と比べてみても、とても難しいというわけでもなくかといって簡単なわけでもない資格です。現在金融機関に勤めている人にもですが、まじめに金融について勉強したことを証明する意味ででこれから金融機関に就職する人にオススメの資格です。

GCDF-Japan

キャリアカウンセリング協会によって年に3回程度試験が行われています。事前にGCDF-Japanキャリアカウンセラーの講座を受けることによって取得しやすい資格になっています。複雑化する社会の中で、今後より注目される資格になっています。

ERE

日本経済学教育協会によって、年に2回開催されています。EREとミクロ・マクロEREの2種類あり、合否ではなく7段階で評価されます。経済学の知識を全国的に評価してくれるので、自分の力試しやスキルアップのために受験するのもいいかもしれません。