や行の資格一覧

   

 

薬剤師などのや行から始まる資格一覧です。

資格名がや行から始まる資格について説明しています。

 

ボイラー技士

ボイラー技士の資格取得にはさまざまな受験資格があります。(2級は受験資格はないです)さらに、試験に合格しても実務経験に関する証明書の提出もあります。(実務経験のない場合は講習を受講します)このように上級資格を取得するには年数や難易度が上がりますが、ボイラーを取り扱う上で必要不可欠な資格となるので就職や転職には有利になります。

ボイラー整備士

ボイラー溶接士・ボイラー技士の資格との違いは、ボイラー整備士は、ある一定の規模以上を持ったボイラーまたは第一種圧力容器の装置を停止させ、正常に運転することが可能かどうかの点検を行い、部品交換などのメンテナンスを行うことを主な業務としています。また、ボイラーの付属設備についてのメンテナンス(点検や交換)も行います。

溶接作業指導者

溶接作業指導者とは、溶接作業員に対して決められた作業工程や溶接設計を達成するための指導を行う民間資格です。民間資格なので、取得が義務づけられている資格ではありませんが、工事現場や建設過程で必須の溶接に関する高いスキルの証明となる資格として知られています。溶接技術はあらゆる工業分野で必要とされているにもかかわらず、近年では熟練の技術者が不足しがちです。

ステンレス鋼溶接技能者

ステンレス鋼溶接技能者の試験には多くの種類があり、問われる専門性と技術が異なります。その技術向上のために更新制度もあり、継続して資格を維持するためには努力することが必要不可欠です。会社で推奨しているところではキャリアアップとして有効ですが、そいうでない会社では個人的なスキルアップとして評価されます。

ボイラー・タービン主任技術

ボイラー・タービン主任技術者は業務独占の資格になります。法律でも必置義務があり、全国的に需要があります。また、収入による地方格差も少ないため将来的に安定した業務につくことのできる資格といえます。申請の条件として実務経験が必要なので、取得までには時間はかかります。

エネルギー管理士

電気供給業では、近年太陽光発電や地熱発電、風力発電など色々な発電装置がより効率化してどんどん開発されており、ますます需要は高まると言えます。エネルギーを多く消費する場所への就職を目指す人は、取っていて損はない資格だと思います。

産業カウンセラー

産業カウンセラーは、一般社団法人日本産業カウンセラー協会が主催している資格で、働く人はもちろん、家族など身内に対して、様々な心理的手法を用いて、その問題を解決できるようにサポートすることを目的としています。

アルミニウム溶接技術検定

加工時の酸化やひずみが起こりやすい素材のアルミニウムの溶接は繊細な技術が求められる事と、アルミニウムを使用した製品(車や建材など)が多い為、有資格者のニーズは高いと言えます。